日向坂46 1年後に東京ドーム公演決定「ウソ!?」倒れ込むメンバーも

日向坂46 1年後に東京ドーム公演決定「ウソ!?」倒れ込むメンバーも

クリスマスライブを開催した「日向坂46」

 アイドルグループ「日向坂46」が18日、千葉・幕張メッセでクリスマス・ライブ「ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜」の最終日公演を行った。

 前日(17日)の初日公演と合わせ、グループにとって最大規模となる計4万人を動員。チケットは即日完売し、今年3月に「キュン」でシングルデビューしたばかりながら、大みそかのNHK紅白歌合戦にも初出場するグループの勢いを感じさせた。

 3期生で最年少メンバーの上村ひなの(15)は「衣装もクリスマス仕様になってます。ひと足早いクリスマスを楽しんでもらえると思います!」。ライブでは、最新シングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」など全19曲を披露した。

 アンコールでは来年12月6、7日の2日間、グループ初の東京ドーム公演を行うことが発表された。

 メンバーにとってもサプライズで「ウソだ!」「ウソでしょ!?」と、驚きでステージに倒れ込む者が続出。キャプテンの佐々木久美(23)が「まさか東京ドーム…ビックリしたね、みんな」と呼びかけると、加藤史帆(21)は「ビックリして頭が真っ白」。松田好花(20)は「腰が抜けて…まだ信じられない。いつか(東京ドームの)景色が見られるかなと思ったけど、まさかこんなに早く…今からワクワクする」と目を丸くした。

 佐々木は「今年、2019年は日向坂46に改名して、すごくいろいろなことがあって楽しいことばかりじゃなく悲しいこともあった。自分たちの実力と皆さんの期待が合ってないなと不安な気持ちもあった」とデビュー年を振り返り「いつも『おひさま(ファンの総称)』の皆さんが声援を送って、握手会でも励ましてくれた。おひさまの皆さんのおかげで、ステキな活動ができています」と感謝した。

 前日には早くも4枚目シングル(タイトル未定)を来年2月19日に発売することも発表されたが、佐々木は「デビュー2年目は1年目に負けないように、もっともっと成長してハッピーを届けられるように頑張りたいです」と決意を語った。

 また、全国アリーナツアーも発表され、来年3月18、19日の広島サンプラザホールを皮切りに、マリンメッセ福岡(3月31日、4月1日)、丸善インテックアリーナ大阪(4月10、11、12日)、Gメッセ群馬(5月8、9日)、神奈川・ぴあアリーナMM(5月12、13、14日)を回る。

関連記事(外部サイト)