寺田心 でんじろう先生に感謝「苦手な理科が少し好きになれた」

寺田心 でんじろう先生に感謝「苦手な理科が少し好きになれた」

米村でんじろう(左)と寺田心

 サイエンスプロデューサーの米村でんじろう氏(64)と人気子役の寺田心(11)が19日、東京・豊島区の池袋サンシャインシティで行われた「米村でんじろうのふしぎな実験室スーパーサイエンスワールド」(20日から1月13日まで)のオープニングセレモニーに登場した。

 同イベントは、米村氏がプロデュースした科学のテーマパーク。同イベント開催が長年の夢だったという米村氏は「もともと教師をやっていたが、それを辞めて科学館の展示の開発などをやろうと思った。でも、なかなか自分のやりたいものが仕事につながらなかった。結果的には自分が人前に出て実験を見せるというサイエンスショーを行うようになったが、ショーだけではなかなか伝わりにくいものもある。自分で体験したり触ったりできる体験型の空間が実現してすごく期待している」と話した。

 そんな米村氏とテレビ番組などで共演したことがある寺田は「でんじろう先生の実験はワクワクする。僕は理科が苦手だったけど、先生の実験を通じて少し好きになれた」と笑顔で話した。

 また、クリスマスにサンタさんから欲しいものを聞かれた寺田は「本をお願いします。日本の歴史の本が欲しい」と話した。

関連記事(外部サイト)