松本人志 M―1への思い「お笑いのショーレースを否定する人もいますが…」

松本人志 M―1への思い「お笑いのショーレースを否定する人もいますが…」

松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が22日、自身のツイッターを更新し「M―1グランプリ」への思いを吐露した。

 年末恒例となった漫才日本一を決める「M―1グランプリ2019」が、22日夜に開催される。今年も審査委員長を務める松本は「お笑いのショーレースを否定する人もいますが 今宵もお笑いの猛者達が順位をつけてくれと集まってきます」とつづり「松本了解しました。今夜M1です」と結んだ。

 決勝に進出する「猛者達」は「からし蓮根」(杉本青空=25、伊織=26)、「ミルクボーイ」(駒場孝=33、内海崇=34)、「ぺこぱ」(松陰寺太勇=36、シュウペイ=32)、「オズワルド」(畠中悠=32、伊藤俊介=30)、「すゑひろがりず」(三島達矢=37、南條庄助=37)、「ニューヨーク」(嶋佐和也=33、屋敷裕政=33)、「インディアンス」(田渕章裕=34、木村亮介=31)、「見取り図」(盛山晋太郎=33、リリー=35)、「かまいたち」(山内健司=38、濱家隆一=36)に敗者復活戦を勝ち上がった1組を加えた計10組。

 なお、審査員は松本のほかオール巨人(68)、上沼恵美子(64)、サンドウィッチマン・富澤たけし(45)、立川志らく(56)、ナイツ・塙宣之(41)、中川家・礼二(47)が務める。

関連記事(外部サイト)