【M―1】ミルクボーイ歓喜の記者会見 今後も「やっぱり漫才ができたら」

【M―1】ミルクボーイ歓喜の記者会見 今後も「やっぱり漫才ができたら」

優勝会見に臨む「ミルクボーイ」の駒場孝(左)と内海崇

 漫才日本一を決める「M―1グランプリ2019」は22日、都内で行われ、「ミルクボーイ」(駒場孝=33、内海崇=34)が史上最多のエントリー総数5040組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円をゲット。ボケの駒場とツッコミの内海は大会終了直後、記者会見を行った。以下一問一答。

 ――今の心境は

 内海:本当に信じられない。決勝に行くのも初めてで、テレビで漫才するのも今年初めて。テレビ自体が関西だけでも今年4回目くらいなので。

 駒場:そのうちの1回は僕、30秒くらい出ただけなので。

 内海:今までで一番長くテレビに映りました。

 ――この喜びを誰に伝えたい

 駒場:いろんなことを忘れてくれたオカンに。またこれからも忘れてなと。忘れてくれたら忘れてくれただけネタができるので。

 内海:駒場のオカンに感謝したいです。 

 ――681点はM―1史上最高得点

 内海:そんなに褒めていただいたことが今までないので。関西の賞レースも最近、ほとんど出てなかった。信じられないです。

 駒場:出られる年数も過ぎてしまって。

 ――優勝して増えるであろう仕事への意気込みは

 内海:漫才を頑張ってきたので、漫才以外が全部ボロボロですので皆さん、不安と思いますが、一から頑張ります。漫才ももっと面白くなるように。

 ――やりたい仕事は

 駒場:やっぱり漫才ができたら。漫才やらせてもらえる場所もなかったので、たくさん漫才をやりたい。

 内海:舞台の出番もなかったので。

 ――オール巨人さんは「今も貧乏と思う」と

 駒場:僕はスポーツジムでアルバイトしてます。結婚もしてるんですが、余裕のある生活ではないです。大阪の雑居ビルみたいなところに住んでますし。下が焼き鳥屋さんと囲碁センターという。

 ――M―1では去年まで準決勝も行ったことがなかったが、今年飛躍できた要因は

 内海:結成12年間のうちで今年が一番頑張りました。バイトとお笑いの仕事以外は、全部ネタ合わせに時間を充てて、趣味の時間を削ったというかやめました。

 駒場:ネタ合わせが終わっても、気になることがあったら夜でも連絡取り合いました。

 ――松本人志さんが「これぞ漫才」と言っていた

 内海:本当にうれしい。松本さんとお会いするのも初めてなので。

 駒場:僕は映画の試写会に好きで行って、小さい松本さんしか見たことなかった。

 ――今回のネタが生まれた経緯は

 駒場:僕ら、大学の落語研究会でコンビ組みまして、その時からこういう「何とかや、何とかちゃう」という形ではやってました。

 内海:リターン漫才とか言ってもらうんですけど。その形はずっとありました。ほぼほぼ12年、同じ形でやってます。

 駒場:ここ3年くらいでオカンが入ってきたという感じです。

 ――今年頑張れた要因は

 内海:去年、霜降り明星が優勝しまして。後輩が優勝したのは初めてだったので、それには刺激を受けました。

 ――1000万円の使い道は

 内海:僕の角刈りを切ってもらってるお父さんは、角刈り技能コンテストで3位になったすごい人なので、そこに角刈り専用の席を作りたい。角刈りだけ僕が散髪代を払おうかと。角刈りだけですよ!

 駒場:今までおカネもなかったので、仲いい後輩が結婚とか出産とかしても、でかい声で「おめでとう」と言うしかなかった。お祝いを渡せなかったので、そういう後輩にお返ししていけたら。ゼロボケでしたね。

関連記事(外部サイト)