パンサー向井 女子高生ミスコンのレベルの高さに驚き

パンサー向井 女子高生ミスコンのレベルの高さに驚き

左から向井慧、新田歩凪さん、岡本結芽乃さん、管良太郎

 お笑いトリオ「パンサー」の向井慧(34)、菅良太郎(37)が22日、都内で行われた「女子高生ミスコン2019」のグランプリ発表会にMCとして登場した。

 日本一カワイイ女子高生を決めるコンテストで、過去にモデルのくみっきーこと舟山久美子(228)、ちぃぽぽこと吉木千沙都(22)が選ばれている。

 11人のファイナリストがステージに並ぶと、向井は「自分が高校生の時、こんなカワイイ子、いました?」とレベルの高さに驚いた様子。そんなファイナリストたちはファッションショーや演技、ダンス・歌唱などを披露し、最後の審査に挑んだ。

 その結果、グランプリに輝いたのは熊本県の高校2年生「あーーゆ」こと新田歩凪さん(17)。「自分がグランプリになると思っていなかったから、めちゃくちゃうれしい。ダンスもウオーキングも未経験で、レッスンに行くのが嫌になるときもあったけど、ここまでこれてよかった」と感無量の面持ちを見せた。

 そんな女子高生たちの姿を間近で見ていた菅は「感動した。出たいという気持ちが本当に強くなった」とボケると、向井が「年齢も性別も無理なんですよ! 残念ながら」とツッコミを入れ、会場を笑わせた。

関連記事(外部サイト)