“セクシー番長”小田飛鳥 キャバクラバーのママに!

“セクシー番長”小田飛鳥 キャバクラバーのママに!

飛鳥ママらしいいでたちだが、お店では水着姿が拝める

 I乳を誇るグラビア界の“セクシー番長”小田飛鳥(29)が、まさかのクリスマスプレゼントだ! 東京・新橋で今月24日にオープンするキャバクラバー「LA DOLCE(ラ・ドルチェ)」で、なんとママを務めるという。イメージDVDを出せばランキング上位に食い込むなど、人気グラドルとして活躍していたが、どういった経緯なのか。本人を独占直撃した。

 ――水商売転身の経緯について

 小田:所属事務所がお店を始めることになったんですよ。私も何かしらの形で関わるつもりでした。「ママで…」と言われた時は、グラビアの仕事と両立できるか迷いましたが、どうせやるなら思い切ってやってしまおうと。

 ――水商売経験は

 小田:全くありません。芸能以外の仕事は、大学生のころ4年間、デパ地下のサラダ屋さんで働いただけです。ただお料理するのが大好きなので、いつか自分のお店を持ちたいとも考えていて…。自分の力でなく、会社の力でお店を持たせてもらえるならラッキーという気持ちも正直あります(笑い)。

 ――店の形態

 小田:キャバクラBARです。私も含め、現役グラビアアイドルの子が接客をします。プライベート風なアットホームな空間です。最新機種のカラオケもありますので、みなさんと盛り上がりたいです。

 ――どんな格好で

 小田:主に水着です! 私服やドレスよりも、水着が一番似合うと思っているので(笑い)。現役グラドルの水着姿を間近で見ながら、おいしいお酒を飲んでください。

 ――ピンク接待あり

 小田:お触りなどはダメですが、コスプレや水着で対応しますので、見るだけならいくらでも!(笑い)。酔っ払うと、自分から触りにいっちゃうかもしれませんが、それは許してくださいね。

 ――同伴、アフターは

 小田:残念ながら、同伴、アフターは行わない予定です。グラビアや芸能の仕事もますます頑張りたいと思っているので、両立できるように、まずはお店の営業時間内は一生懸命やろうと思っております。

 ――出勤頻度

 小田:お仕事がない日の平日は、基本的にいると思います。夜8時から0時ラストオーダーです。いつまで…はまだ分かりませんが、とにかく社会経験が少ないので、ママとしてお店もちゃんと繁盛させて、いろいろな方に関わって、たくさんのことを学べるまでは頑張りたいです。

 ――気になるお値段は

 小田:周りはガールズバーが多いので、それと比べればやや高いです。

 ――意気込み

 小田:父方の田舎の冠婚葬祭などで、小さいころから親戚のおじさんたちに楽しそうにお酌する私を見て、父は「〇〇(本名)は水商売に向いてるなあ」なんて言っていたみたいです(笑い)。本当にやることになるとは思っていませんでしたが、やるからにはやり切るタイプなので頑張ります!

関連記事(外部サイト)