稲垣、草なぎ、香取がパラポーツ対決でスッキリに勝利!加藤浩次「また次やろう」

稲垣、草なぎ、香取がパラポーツ対決でスッキリに勝利!加藤浩次「また次やろう」

左から稲垣、香取、草なぎ

 7日放送の日本テレビ系「スッキリ」は、新しい地図(稲垣吾郎=46、草なぎ剛=45、香取慎吾=42)とスッキリチーム(加藤浩次=50、近藤春菜=36、水卜麻美アナウンサー=32)のパラスポーツ対決第2弾を放送した。

 6日のボッチャ対決はスッキリチームが勝利。この日の種目は「ゴールボール」を練習ボール、ハーフ5分間、ボールキープ無制限の特別ルールで実施。加藤がハイボール連発するなか、新しい地図チームは香取がスーパープレーを連発し10―1と大勝。決着戦のボッチャも制して逆転勝利を収めた。

 敗色濃厚な加藤が「ファンは消極的な新しい地図を見たくない」と揺さぶりをかけるなど、随所に笑いをちりばめた戦いを繰り広げた6人。「新しい地図」の3人は国際パラリンピック委員会(IPC)特別親善大使を務めている。草なぎは「たくさんの方に応援していただけると、選手もすごく勇気が湧いて、いいパフォーマンスになると思いますので、ぜひとも皆さん、パラリンピックをよろしくお願いします」、稲垣は「一回ゲームとかをやってみると、その楽しさが分かると思う。皆さんも一緒になって楽しんでいただいて、本番も選手たちを応援してください」、香取は「野球とかサッカーはルールを知っているじゃないですか。だけど、パラスポーツは本当に知らないことが多いから、ゼロから知れる喜びもあったりして、皆さんも知らないことを知るチャンス。みんなで盛り上げていけたら」と呼びかけた。

 なお、負けたスッキリチームは罰ゲームとして8日のオープニングで香取慎吾のアルバムの中から1曲を歌って踊る。香取は「絶対見てますから。なんか、ちょっと違う感じだったら、日テレに電話します」と笑わせた。

 対決後には番組公式ツイッターが対決終了後の反省会の模様を動画で公開。加藤は「また次やろう」とメンバーを増やしての再戦を口にした。

関連記事(外部サイト)