欅坂46菅井友香 初主演舞台で激しい演技「『不協和音』がずっと続いてるみたい」

欅坂46菅井友香 初主演舞台で激しい演技「『不協和音』がずっと続いてるみたい」

「欅坂46」の菅井友香

 人気アイドルグループ「欅坂46」の菅井友香(24)が14日、都内で行われた初主演舞台「飛龍伝2020」(30日初日、東京・新国立劇場)の公開稽古に、共演のお笑いコンビ「NON STYLE」石田明(39)らと参加。終了後、報道陣の囲み取材に応じた。

 没後10年となる劇作家・つかこうへいさんの名作。安保闘争を舞台に、菅井演じる全共闘を率いる女委員長・神林美智子が革命の夢と現実、愛する者たちに翻弄される姿を描く。

 これまで美智子は初代の富田靖子をはじめ広末涼子、桐谷美玲らが演じており、菅井は8代目となる。「プレッシャーがないといえば、うそになるけど、偉大な女優さんが演じられてきた役を私も受け継いでいけるように、真摯に向き合っていきたい」と抱負を語った。

 いつもは女性ばかりで活動しているが、今回は、まさに紅一点で多くの男性キャストに囲まれる。「中・高・大と女子校で、欅坂でも女の子だらけなので、最初はすごく緊張してしまった。みなさんの声量とか汗に動揺した部分もあったんですが、今は毎日のお稽古が落ち着く空間になっています」と告白。

 ただし、激しい動きがある作品だけに稽古は過酷で「感情的に追い詰められることが多い。(欅坂の激しいダンスで知られる)『不協和音』とか『ガラスを割れ!』がずっと続いてるみたい」と苦笑いで打ち明けた。

 菅井について、演出家の岡村俊一氏は「純粋な人を『真っ白いキャンバス』と言いますが、菅井さんは『透明』。こんな純粋な人は見たことないし、初めて出会った逸材」と絶賛。共演の石田も「稽古のことを『お稽古』と言うような子は見たことない。でも、弱音も吐かず頑張り屋で、演技の進化がえげつなさすぎて焦ってます」と話した。

関連記事(外部サイト)