「日本エレキテル連合」中野聡子&松尾アトム前派出所 交際0日婚の不思議な新婚生活

「日本エレキテル連合」中野聡子&松尾アトム前派出所 交際0日婚の不思議な新婚生活

サプライズ婚になった日本エレキテル連合の中野(右)と松尾

 衝撃の“交際0日婚”を決めた新婚芸人夫婦の「幸せツーショット」を独占撮! 18日に入籍を発表したお笑いコンビ「日本エレキテル連合」の中野聡子(36)とお笑い芸人・松尾アトム前派出所(41)が本紙の独占取材に応じた。入籍はしたが「手すらつないでいない」と超ピュアな2人。それどころか、中野は松尾に「自宅の場所も教えていません」と言う。何とも“不思議な新婚生活”とは――。

 まさかの結婚となった2人だが、ずっとアタックしていたのは松尾だったという。

「恋心が爆発したのは昨年夏ぐらい。でも何度もお断りされていました」

 一方の中野も「(もともと)私のタイプの男性ではなかった。無口な人がタイプで松尾さんはその正反対の人でした」と絶対に“あり得ない”関係のはずだった。

 ところが、その関係が急展開。昨年の大みそかに中野の方に結婚がひらめき、その日のうちに松尾に「お嫁さんにしてよ」と逆アタックしたという。決め手になったのは、松尾の“ある言葉”。固辞し続ける中野に対し、松尾は「聡子ちゃんがどんなことを言ってもオレは引かないよ。聡子ちゃんがスカトロでも好きだよ」と断言したのだ。

 普通の女性なら引いてしまいそうだが、中野は「その時、私は『この人、私のこと何やっても受け入れてくれるな。ここまで受け入れてくれる人は一生現れないんだろうな』と思ったんです」。

 入籍日は、尊敬するビートたけしの誕生日である1月18日に決定。晴れて夫婦となった2人だが、同居はしない。それどころか中野は「自宅の場所も教えていません」と言う。松尾は芸人をしながら、基本的には地元・長野県に居を構え、リンゴ農家を営む“半農半芸”の芸人。それだけに、中野は「農業が忙しいので会わない期間もあると思う。なんで結婚してくれるんだろう」と首をかしげる。

 これに松尾は「僕はお笑いの実績もないし、タイトルも取ってないんですけど『好きな女の子と結婚する』という偉業をやってのけたので、もう、それだけで十分なんです」と“男気”を見せる。

 中野は「これからどうなるのかが“面白い”と思って。周りの人の誰から見ても、この組み合わせはなかった。だからこそ面白いだろうと」と笑うが、「(事務所の太田光代)社長に報告した時は『“面白い”で結婚しないほうがいいよ』とたしなめられました」と苦笑いした。

 東京と長野という遠距離での“別居婚”だけに、心配なのは浮気だ。松尾は「まったく興味ないです。裸の女がいても見向きもしないと思いますよ」とキッパリだが、中野は「この人、すると思う…」と悩みの種は尽きない。

 離婚の可能性については「あるかもしれないですね」(中野)。松尾も「光代社長も『ダメだったらすぐに離婚すればいいわよ』って。『(離婚経験のある松尾が)バツ2になっても関係ないわよ』と言われました」と笑わせた。

 早くも中野が尻に敷いている。芸人としての目標を聞かれ、小ボケで乗り切ろうとする松尾に中野が「目標はそれでいいんですか? 志が低すぎやしませんか?」。ビシッと“愛のムチ”を打たれた松尾は「派手に売れ散らかしてやりますよ! 情熱大陸5週連続出演、東スポ連日1面とかやってやりますよ! いまはどん底なので下がることはないですから」と宣言。早くも結婚の良い効果が表れた。

 笑いに満ちた破天荒な夫婦がどのような軌跡をたどるのか楽しみだ。

関連記事(外部サイト)