フジテレビ“鬼門23時枠”打破した三田アナ プロ野球選手より一般男性選んで正解

フジテレビ“鬼門23時枠”打破した三田アナ プロ野球選手より一般男性選んで正解

結婚した三田友梨佳アナ

 プロ野球・西武の金子侑司外野手(29)との交際が2014年に発覚した“ミタパン”ことフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(32)が、年上である30代の会社員男性と結婚したことが22日、分かった。

 三田アナと金子は一時、“結婚間近?”とも言われたが、結局は破局してしまった。

「父である三田芳裕氏は、東京・中央区の日本橋浜町にある老舗の劇場『明治座』の社長に加え、人形町にあるミシュラン3つ星がついたことのある料亭『濱田屋』の店主。三田アナはこれほどの名家の娘だけに、浮き沈みが激しい上、遊んでいるイメージの強いプロ野球選手との結婚は許されなかったようです」(事情通)

 今回のお相手である会社員男性は、金子選手と別れた後に知り合ったようだが、これに喜んでいるのが三田アナが勤務するフジテレビだ。三田アナは現在、月〜木曜午後11時40分スタートの報道番組「FNN Live News α」を担当するなど、“フジテレビのニュースの顔”というイメージが強い。

「23時枠のニュースのキャスターは鬼門。報道番組は、落ち着いた女性キャスターにドッシリと務めてもらいたいのが本音だが、過去には滝川クリステルや秋元優里元アナら、浮名を流した女子アナが務めていた」(フジ関係者)

 さらに15〜16年に放送された「あしたのニュース」のキャスターを務めた大島由香里アナは、フィギュアスケートの小塚崇彦と結婚したが、昨年末に離婚が成立。続いて放送された「ユアタイム」に出演した市川紗椰は、共演していた野島卓アナとの交際が報じられた。そうした中、プロ野球選手とは別れ一般男性と結婚する道を選んだ三田アナ。

「23時枠のニュースは、男性関係が派手な女子アナは多かったが、三田アナは一般男性と結婚。今後は落ち着いてニュース番組に取り組めるでしょう」(同)

 ミタパンが“報道の顔”になる日も近い!?

関連記事(外部サイト)