平手友梨奈「欅坂46」電撃脱退の真相 孤立呼んだ前代未聞の衝撃事件

【平手友梨奈が欅坂46を脱退】グループに迷惑をかけていると責任を感じ「脱退」か

記事まとめ

  • 欅坂46の平手友梨奈が脱退、織田奈那、鈴本美愉が卒業、佐藤詩織が活動休止と発表
  • 平手について関係者は「責任を感じたからこそ、この言葉にこだわった」と推測
  • 平手は秋元康総合プロデューサーにさえ一歩も引かず、意見を戦わせることもあったそう

平手友梨奈「欅坂46」電撃脱退の真相 孤立呼んだ前代未聞の衝撃事件

平手友梨奈「欅坂46」電撃脱退の真相 孤立呼んだ前代未聞の衝撃事件

昨年の東京ドーム公演で観客を感嘆させた平手(囲み写真も)のパフォーマンス。ピアノの上に乗り、足で鍵盤をたたくなどした

 人気アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈(18)が23日、グループから電撃脱退した。デビューシングルから最新シングルまでの8作すべてでセンターを務めてきた絶対的エースが、なぜ卒業ではなく脱退なのか? 取材を進めていくうちに判明したのは、強すぎるこだわりが招いた前代未聞のある“事件”だ。以来、孤独な存在となった平手は、自ら「卒業」ではなく、あえて「脱退」を選んだという。その出来事とはいったい――。

 人気グループに衝撃が走った。

 23日午後9時前、公式サイトで平手のグループからの脱退が電撃発表された。また、織田奈那、鈴本美愉の2人が卒業し、佐藤詩織が活動休止することも併せて発表となった。

 平手はその後、同日放送のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)に出演。脱退について「先ほど、ホームページで発表がありましたが、欅坂46を離れることになりました」と報告。さらに「今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話させていただこうと思います」と脱退の理由を明らかにはしなかった。

 欅坂46は2015年に結成され、翌16年4月に1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。その年にNHK紅白歌合戦に初出場し、昨年末には4年連続4回目の出場を果たした。

 昨年9月には初の東京ドーム公演を成功させ、グループ全盛期といえる今、突然のエースの“脱退”。関係者によれば「平手本人の希望」だという。

「脱退は卒業よりもマイナスに取られがちな言葉。平手自身がグループに迷惑をかけていると責任を感じたからこそ、この言葉にこだわったのでしょう。グループが全盛期を迎える中で、シングルは昨年2月からほぼ1年間もリリースなし。平手はこれまで心身ともに浮き沈みがあり、たびたび休養に入らざるを得なかった。センターに平手を据えるシングルの制作は、前に進むことができなかった」(芸能プロ関係者)

 乃木坂46、日向坂46と違って、欅坂46は“笑わないアイドルグループ”として世間に認知され、メッセージ性が強い歌詞、激しいパフォーマンスを披露。唯一無二の魅力で熱狂的なファンを獲得していった。

 その楽曲を最も体現していたのがセンター・平手だ。

「それはまるで自分が楽曲に乗り移ってるかのよう。平手もこだわりが強く、特に昨年の紅白で披露した代表曲『不協和音』では、全身全霊を込めてパフォーマンスするため、歌うと心身の調子を崩してしまうほどで、しばらく“禁曲”となっていました」(前同)

 憑依体質といわれることからも“表現者”としての資質は高く、ある芸能プロ幹部は「将来は大女優になる可能性を秘めている」と指摘する。しかし、いつしか孤独な存在に…。

 ある日、こんな“事件”があったという。

「欅坂46のイメージを誰よりも大切にしていた平手は、ある撮影現場でのセットや全体のイメージが自分が考えていたのと違ったため、『これでは欅坂46のイメージが壊れてしまう』などと訴え、一旦、流れてしまうことがあった。そこには他のメンバーも大勢いましたが、あっけにとられていましたよ。もちろんスタッフも頭を抱えていました。大人の言いなりになることが多い未成年アイドルのなかでは、前代未聞の行動です。そんな平手の強いこだわりを理解するメンバーがいる一方、乃木坂46のようなアイドルを目指していた者もいて、グループは一枚岩ではなかった」(広告代理店関係者)

 秋元康総合プロデューサーにさえ一歩も引かず、意見を戦わせることもあったという。

 グループを形作っていた“象徴”ともいえる平手が脱退したことは「欅坂46の最大の危機」だ。

 別の関係者は今後の方向性について「未定」とするが、センターが代わることは避けられない。これまでの“かっこいいアイドル”を踏襲するのか、まったく新しいグループになるのか。今後の欅坂46から目を離せない。

【気になる今後】ファンが気になるのは、アイドルを卒業した平手の今後だ。

 関係者の間で有力視されているのは、女優への転身。すでに昨年、平手は初主演映画「響―HIBIKI―」(2018年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、平手本人もこの作品の続編を熱望しているという。

 さらに、ソロ歌手としての道もありそうだ。

 昨年の東京ドーム公演最終日の最後に披露した曲は、平手のソロ曲で、同映画の主題歌「角を曲がる」。グループとしての大舞台の最後をメンバー個人のソロ曲で締めくくるとは前代未聞だが、平手は5万人の視線をくぎ付けにした。

「類いまれなる存在感は、歌手としても可能性を感じる。レコード会社としても手放したくないでしょう」(音楽関係者)

 芸能活動を続ける平手がアイドルからどのように脱皮していくか、注目だ。

関連記事(外部サイト)