宮沢氷魚がLGBT映画主演 撮影前は「向き合っていけるのかな」と不安も

宮沢氷魚がLGBT映画主演 撮影前は「向き合っていけるのかな」と不安も

宮沢氷魚(右)と松本若菜

 俳優の宮沢氷魚(25)らが25日、都内で行われた初主演映画「his」の公開記念舞台あいさつに登壇した。

 映画は男性同士の恋愛とその後を描いたもの。宮沢は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと田舎暮らしを送る男性を演じる。

 LGBTという難しいテーマに挑んだ宮沢は役づくりについて、自身が幼少期から男子校で同性愛者が身近にいたと明かした上で「そういった友達と一緒にご飯を食べたり、お酒を飲んだりとかして、素の部分を自分のものにできたらと思って。それは映画とか本とかでは得られないものだと思うので」と話した。

 映画初主演には「最初にお話を頂いたときはプレッシャーを感じた」。さらにLGBTがテーマになったことで「センシティブな内容ということもあり、向き合っていけるのかなと思った」と不安があったと認めた。

 最後は「いろいろな感じ方があると思う。ちょっと違うなって思う人もいるかもしれない。それはそれでいい感じ方。自分に正直になってくれれば」と、生き方の多様性をテーマとした作品らしく呼びかけた。

 舞台あいさつには共演の藤原季節(26)、松本若菜(35)、外村紗玖良(8)、今泉力哉監督(38)も登壇した。

関連記事(外部サイト)