「BIGBANG」元メンバーV.Iがハメ外した“疑惑クラブ”の怪しい実態

 売春あっせんや常習賭博、盗撮動画共有、薬物、警察との癒着、脱税…とこの1年“疑惑のデパート”状態だったのは、人気韓流グループ「BIGBANG」元メンバーのV.I(29)だ。

 しかし昨年5月の韓国警察に続き先日、検察も身柄拘束に失敗した。ただ事件関係者の芸能人や警官らは、この1年で続々と逮捕や起訴、裁判となっている。芸能界引退に追い込まれたV.Iだが、捕まらないから完全潔白というわけではないだろう。

 一連の事件は、V.Iが出資したクラブ「バーニング・サン」で一昨年秋に起きた暴行沙汰の被害者が、同クラブでレイプドラッグGHB(通称ムルポン)を使った性暴行が蔓延しているなどと昨年1月に暴露したのがキッカケ。そのクラブは翌2月には閉鎖となったが、一連の事件は店名を取って「バーニング・サン事件」と呼ばれるようになった。

 同クラブは一昨年2月、韓国ソウルのセレブエリア・江南にある5つ星ホテル「ル メリディアン・ソウル」の地下にオープン。当初から「V.Iがやってるクラブ」というのが売りで、客も多く、地元関係者によれば「宿泊客からは『音がうるさい』と苦情が多かった」という。

 いわゆる普通のクラブとは違った。聞けば「踊るところがあって、ショーもやるんだけど、店内は迷路のような造りでVIP個室もあった。そこに女性客やゲイの客がホストを呼び『ホッパ(ホストバーの略。ホストクラブの意)』のような使い方もできた。ゲイのホストや、トランスジェンダーのきれいな子もいっぱいいた」。

 V.Iのネームバリューもあり客は業界人も多く、有名人や企業のお偉方の接待の場として活用されていたそうだ。「まるで一つの小社会。男女関係なく、セレブたちの夜の社交場になっていた。DJがかける曲は、本当のクラブ好きにしたらダサかったけど、クラブ遊び以外のいかがわしい目的がある客には、都合のいいクラブだったと思うよ」と同関係者。

 韓国系アメリカ人のAさんは一昨年、この店で怖い思いをした。常連客の地元ファッション関係者に連れていかれ、めいめいホストを指名し個室で飲んでいたときのこと。

「まあまあ酒は強いのに“こんなにいきなり酔うか?”ってくらい酔っ払ってしまったんです。高級クラブの割に、出されたのはすごく安いウイスキーでしたね。吐くためにトイレへ行き、個室にこもってたら、隣の個室に入った客が粉のようなクスリを鼻から吸ってました。間接照明で黒のタイル張りだったから、床が鏡みたくなって丸見えだったんです」

 Aさんはその後も体調が回復せず、ホストにチップ5万ウォン(約5000円)を渡し、店を出たという。

「帰る途中で漢江を渡っていたときも気持ち悪くて、寒い日でしたが、車を降りて橋の上でまた吐きました。あんな経験は初めて。正常な判断ができなくなるよう、ホストたちを部屋に連れてきたマダムか誰かが、私のウイスキーに何か混ぜたんだと思う。その後も2回ほど連れていかれましたが、目の前で栓を開けるビールとかしか飲まないようにしました」

 上客にまで実は安い酒を出す傍ら、同店が売りにしていたのは、高級シャンパン・コニャックの“1億ウォンセット”などの「VIPプレミアムセットメニュー」だ。ドンペリ80本など高級シャンパン数十本のセットは「大陸セット」と名付けられ、「中国人富裕層のBIGBANGファンとかが頼んでいた」(冒頭の地元関係者)という。

「テレビに出ても、V.Iは大成功している事業家のようにいばっていたが、もともと地方出身でいかにも成り上がりといった感じだった。昔から女好きで有名だし、いつかこんな日が来ると思っていた」と韓国芸能関係者は眉をひそめる。

関連記事(外部サイト)