ヒロシのキャンプ動画を超えた!ユーチューブで大人気のお笑い新星とは?

ヒロシのBBQ動画に続くユーチューブのお笑い新星にオファー殺到か 同期は渡辺直美

記事まとめ

  • ”魂の巾着”の本多修による「本多修のパラデルチャンネル」が注目を集めている
  • 渡辺直美やジャンポケらと同期の彼は、中居正広や松本人志の番組に出演し一層話題に
  • チョコプラ松尾駿のIKKOモノマネなど、SNSを駆使する芸人が増えているようだ

ヒロシのキャンプ動画を超えた!ユーチューブで大人気のお笑い新星とは?

<a href='/topics/keyword/ヒロシ/160530006251/'>ヒロシ</a>

 ユーチューブを使うお笑いタレントが、増加の一途をたどっている。18年10月には、漫才師のキングコング・梶原雄太が「カジサック」としてユーチューバーデビュー。19年末までに公式チャンネル「カジサックの部屋」の登録者数が100万人を突破しなければ、芸人を辞めると宣言した。その流れは今年も続き、SNSを駆使する芸人が続々と登場しそうだ。

「間違いなく人気が出そうなのは、漫才師『魂の巾着』の本多修です。彼は2次元の漫画に3Dを合体させた『パラデル漫画』を披露しています。よしもとでは渡辺直美ジャングルポケットらと同期ですが、彼はテレビに出たことがない貧乏芸人。にもかかわらず、芸歴12年目の昨年、大事な仕事に穴を空けてしまい、3カ月の謹慎処分を食らいました。持て余した時間で、パラパラ漫画に音楽、3Dをミックスさせた作品を作ってSNSにあげると、評判がジワジワ広まったんです」(エンタメ誌ライター)

 紙の上に書かれたイラストや文字が飛び出し、キャラクターや物体が立体的に動画とリンク。飛び出したり、再び紙の中に収まったりを繰り返し、パラパラ漫画+飛び出る=パラ出る(デル)となった。現在は、ユーチューブ「本多修のパラデルチャンネル」で随時、発信中だ。

 昨年はカンヌ国際映画祭にノミネートされた映画「ブリグズビー・ベア」のPR映像をはじめ、TOYOTAのラグビーチームの紹介動画、神奈川県の交通安全PR動画ほか、多くの一流企業からオファーが舞い込み、新作を発表している。「なかい君の学スイッチ」(TBS系)で中居正広、「ワイドナショー」(フジテレビ系)でダウンタウン・松本人志を描いたことで、さらにその名が広まった。

「ユーチューブでいうと、一発屋芸人のヒロシは、キャンプ初心者とおひとり様用の野外グルメのキャンプ動画をあげて、この夏に大ヒット。バイきんぐ・西村瑞樹も登場し、クレイジーでワイルドなBBQ動画になりました。それでもBBQに役立つと評判に。そのおかげでテレビ出演も増えたとか」(前出・エンタメ誌ライター)

 金脈はユーチューブだけではない。ガリットチュウ・福島善成の場合は、インスタグラムで顔モノマネをあげていたことがきっかけで、今ではテレビに引っ張りダコ。

 チョコレートプラネットの松尾駿は美容家・IKKO、長田庄平は狂言師・和泉元彌のモノマネで今なおブレイク中だが、オリジナル体操服姿の「TT兄弟」がスマッシュヒット。世の中の「T」型を探すだけのものだが、Twitterで動画を発信するとジワジワ浸透。昨年12月には、全国のティ(T)・ジョイ系映画館、東映(T)直営館の劇場CMキャラクターに抜てきされた。

 昨年のお笑いシーンの話題を独占することとなった“M-1上沼騒動”は、とろサーモン・久保田かずのぶが、酔った勢いで口走った発言を、インスタライブの生動画で配信したことが火種。ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、使い方を誤ると命取りになる。だが、19年のお笑いニュースターは、ここから出てくること間違いなしだ。

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)