有村藍里がトライした美容整形「輪郭形成・骨切り術」が大反響!

有村藍里

 3月3日放送の「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)で美容整形手術を受けるまでのいきさつを明かした有村藍里。実はこの日、有村は自身のブログで「あれ? なんか最近雰囲気変わった? と思っていた方もいらっしゃると思いますが、輪郭矯正という骨から輪郭を整える手術をしました。美容整形です」と整形手術に踏み切ったことを報告しており、その詳細がテレビで明かされる形となった。

 番組では、3年ほど前に有村架純の姉であることが一部報道で明らかになり、ネット上で「口元が残念」と指摘され、コンプレックスを抱えるようになったという。口元がこんもりと前に出ている感じや笑うと歯茎が露出してしまう“ガミースマイル”などが悩みで、過去6年間で6本の抜歯をしたり、昨年3月には歯茎を削るセラミック矯正を受けたりと、コンプレックスを克服する努力を続けてきたが悩みは解消せず。「今、可愛くなりたい、と強く想ったからです」「もう何も気にせず思いっきり笑えるようになりたい」と、今回の“輪郭形成・骨切り術”という、上顎、下顎を全体的に後方へ移動させる整形手術を受ける決意をしたという。

「ネット上では整形後の有村に対し、たくさんの意見が飛び交っています。整形後の有村を見て『かわいくなった』『よかったね』との声がほとんどで、中には『私も姉と顔面格差あるからこの人の気持ちわかる』『口元は顔の印象を左右するから自分もお金があれば整形したい』など、有村に共感する声もあるほど。しかし、一方で『整形はデビュー前にするもの。遅いよ!』『美容整形に400万円も使えるタレントという職業が羨ましい』『整形依存症にならないといいね』といったシビアな声もあります」(女性誌記者)

 内向的な性格を直すために芸能界に飛び込んだという有村。今後求められるのは、さまざまな意見に負けない強いメンタルなのかもしれない。

関連記事(外部サイト)