連ドラに引っ張りだこ「遅咲き中年」小手伸也がバイトをやめない理由

小手伸也

4月21日からスタートする福山雅治主演の日曜劇場「集団左遷!!」(TBS系)。この作品に去年、彗星の如く現れた俳優で”遅咲きの中年の星“こと小手伸也が出演する。

「このドラマは、江波戸哲夫氏の同名小説が原作。廃店の決まっている銀行の支店長になった福山演じる片岡洋ら、リストラ寸前の銀行員たちが組織の理不尽に立ち向かう物語。小手が演じるのは、片岡をとことんいじめる銀行本部の検査部次長・鮫島正義。独特の節回しで喋る”圧の凄い”キャラはハマり役と評判で、福山と絡むシーンも多いためオイシイ役であることは間違いありません」(制作関係者)

 2018年4月期の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)で、神出鬼没の腕利き詐欺師でレギュラー出演を果たすと、10月期の月9「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)では主演・織田裕二のライバル弁護士役を好演。さらに今年の1月期には深夜ドラマ「私のおじさん〜WATAOJI〜」(テレビ朝日系)にも主要キャストとして顔を並べるなど、今や日の出の勢いだ。さらに、

「4月から放送される100作目のNHK朝ドラ『なつぞら』への出演も決定。日本アニメの草創期でアニメーターを目指すヒロイン・なつ(広瀬すず)と共に働く作画監督・井戸原昇役を演じます。いろんなメディアで”夢”を聞かれ『朝ドラ出演』と答えていた小手だけに、感慨もひとしおでしょう」(テレビ誌ライター)

 今やほとんど休みがないほど売れっ子になった小手だが、いまだにコールセンターでのアルバイトは辞めていない。「日刊ゲンダイDIGITAL」に連載しているコラムでは、昨年10月に雇用を延長し、先月にも忙しい合間を見てバイトに行ったことを報告している。

「辞めない理由について小手は『時折、降りかかる高圧的なお客様からの理不尽な罵倒も、日銭を得る実感も、僕の中では時給以上に、この先も忘れたくない財産。もう少しだけ続けます』と明かしています。バイトネタは去年10月にバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演した際、明石家さんまにツッコまれるなど、バラエティ番組でも美味しいネタ。そういった意味でも辞めない方が得策なのかもしれません」(放送作家)

 苦労人時代を忘れず、これからも精進して欲しいものだ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)