キツい匂いが…田口淳之介と小嶺麗奈の薬物使用は周囲にバレバレだった!?

田口と小峰

 人気アイドルグループ「KAT‐TUN」の元メンバー・田口淳之介が5月22日、同居している女優の小嶺麗奈とともに、薬物所持の容疑で逮捕された。同日、留置施設のある東京湾岸署へ別々の車で移送された2人は、マスクなどで顔を隠すこともうつむくこともなく、まっすぐ前を見据えていた。

 東京・世田谷にある自宅マンションに、通称“ハッパ”と呼ばれる薬物数グラムと吸引器具を所持。乾燥した葉を砕くグラインダーや巻紙なども押収された。これらは、特別に隠すでもなく、室内に置かれていたようだ。

 薬物に詳しいジャーナリストは「2人の薬物の使用は近しい人にバレていた」と話す。

「一度でもハッパの匂いを嗅いだ経験のある人は、すぐにその匂いがわかる。タバコの煙同様、独特の匂いが衣服や髪の毛などに残るんです。例えば、道を歩いていて、ハッパを常用している人とすれ違ったら、一度でもハッパを経験したことのある人間なら匂いでわかりますね。2人は、部屋の中に出しっぱなしのような状態だったそうですから、常用していたと思われます。部屋の中も煙の匂いが染みついていたでしょうね。彼らと近しい人なら、タバコではない変わった匂いに気付いていたと思います」

 田口容疑者は、薬物は2人のものと供述しているのに対し、小嶺容疑者は自分のものであると主張。小嶺容疑者が田口容疑者をかばっていると見られ、その点からも2人の結びつきの強さを思わせる。

関連記事(外部サイト)