米倉涼子「ドクターX」、2年ぶり復活の注目ポイント

米倉涼子

 6月10日、米倉涼子主演の人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)の第6シリーズが10月から放送されることがわかった。

 病院の権威や派閥を嫌うフリーの外科医が、自身の天才的な技術で組織や病気に立ち向かう医療ドラマ。2012年に放送された第1弾で平均視聴率19.1%を記録し、以降のシリーズやスペシャルドラマでも軒並み高い視聴率を叩き出す人気シリーズだ。

 ドラマの根幹となるシリアスなストーリーはもちろん、会話に盛り込まれるタイムリーな世相や、アドリブと思われる西田敏行のやりたい放題なセリフ回しなど、ちりばめられる小ネタもまた、このドラマの魅力と言えるだろう。
 
「この報道に、ネット上には『ドクターXきたーーー!』『ドクターX復活するとか最高すぎる』『脇を固める豪華な俳優陣も、変わらずみんな出てほしい』など、ファンからの歓喜と期待の声が多数書き込まれています。また、この秋、その脇を固める俳優である勝村政信主演のスピンオフドラマ『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』も2時間ドラマで放送されるとのこと。大門とは正反対で『群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領のよさだけを武器に突き進む』という、実に欲望と保身に素直な、人間味のある加地にも注目です」(芸能ライター)

 注目点は他にもある。このシリーズではどんなキャラクターが登場するのか。どんな世相をストーリーに盛り込むのか。大門は、令和も失敗しないのか‥‥!

 期待はふくらむばかりである。

関連記事(外部サイト)