ダレノガレ明美、20代最後の抱負を語るも「あの大目標」は完全スルー

タ?レノカ?レ明美

 モデルでタレントのダレノガレ明美が、自身の誕生日である7月16日にインスタグラムを更新。20代ラストの抱負を綴ったが、誰もが気にかかる“あの大目標”に関しては語らなかった。

 インスタグラムでダレノガレは「本日29歳を迎えました。20代ラストの年なので悔いのないよう全力で楽しみたいと思います!」と挨拶。具体的な内容に関しては「さーて29歳は今まで通りテレビや雑誌などの仕事をやりつつ化粧品の海外進出、規模の拡大を目指します!商品数も増やしていけるように、そして皆様に気に入っていただけるような商品を一つでも完成できるように頑張りたいと思います」と抱負を語った。

 ところが、肝心の大目標が抜けていると芸能記者は嘆息する。

「ハリウッド女優宣言ですね。2018年8月19日放送のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にてダレノガレは、ハリウッド女優を目指すために渡米することを明かしました。ところが同年10月に行われた『メガネベストドレッサー賞』の授賞式では、英語力に問題があり、19年の海外進出の予定を先送りし、行き先もハリウッドにこだわらないとトーンダウン。これを受けて一部メディアは『ハリウッド進出断念』と報じましたが、ダレノガレは留学の時期は延期するものの、海外進出をあきらめたわけではないと反論していました。この大目標に関して触れられなかったのは残念です」

 今年6月11日放送のバラエティ番組「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(関西テレビ)に出演したダレノガレは、ハリウッド女優の夢は断念していないと改めて強調。それならば誕生日の抱負でも、化粧品だけでなく、女優としての海外進出も語ってほしかったのだが…。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)