稲垣吾郎の「5時に夢中!」月イチ出演をマツコの事務所が圧力で阻止報道

マツコ・テ?ラックス

 8月1日発売の「週刊文春」で、マツコ・デラックスが吠えている。

 それは、公正取引委員会がジャニーズ事務所からテレビ局に対して調査した“圧力”問題についてだ。マツコは、新しい地図の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾に関して「問題は圧力ではない」と断言し「あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていた」とバッサリ。つまり、需要がないからテレビに出演できないと発言したのだ。

 それだけではない。マツコが月曜コメンテーターを務める「5時に夢中!」(TOKYO MX)に、2017年10月17日、稲垣が生出演したことがあった。この日のコメンテーターであった作家の岩下尚史氏と親交があったからだ。稲垣登場で、同番組のサイトにはアクセスが殺到し、一時はダウンするほど反響があった。同局は、稲垣に月イチでの出演を打診したが、マツコの所属事務所は「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れ、この企画は流れたのだとある。
 
「マツコは『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、関ジャニ∞の村上信五と共演して以来、ジャニーズ事務所のメリー氏と交流を深めています。つまりは、Jサイドの人ということですよ。それくらい影響力を持つマツコですが、最近は自身の冠番組『マツコの知らない世界』(TBS系)などで、ゲストの一般人やスタッフに対する“オマエ”呼ばわりが失礼という声も聞かれ始めました。7月30日放送回ではいきなりゲップをして、ゲストや視聴者をドン引きさせていました」(テレビ誌ライター)

 視聴率女王と言われてきたマツコだが、その人気に陰りが出ているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)