山崎夕貴「女子アナカレンダー」復帰に垣間見えるフジ若手の人材不足

山崎

 フジテレビの女性アナウンサー総勢19人が参加した「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー」の2020年度版が9月末に発売されることになった。

 フジ本社のあるお台場の魅力を伝えるため、総勢19人の女性アナがオールお台場ロケで撮影。また、入社10年目の山崎夕貴アナは2年ぶりのカレンダー復帰となり、「去年のカレンダーで、私は年齢制限によって卒業したと思っていたのですが、今年、何とカムバックしました(笑)」とコメント。表紙の私服姿での集合写真でも、山崎アナはセンターポジションを飾っている。

 この事態に女子アナファンからは《確かに山崎アナが一番センターにしっくりくる》《むしろ山崎アナ以外誰が誰だかわからない》《フジテレビの今の若手エースって誰なのかな》などと、山崎アナの再登板に納得の声が上がっているようだ。

「三田友梨佳アナや宮司愛海アナ、堤礼実アナなど、女子アナのビジュアルレベルでは他局に勝るとも劣らないフジテレビですが、カトパン(加藤綾子)が退社してから看板アナといえる人気者が不在。ORICON NEWSが年末恒例で発表している『好きな女性アナウンサーランキング』では17年に山崎アナが9位に入り、それがフジテレビ唯一のトップテン入りだったのですが、昨年の同ランキングでは山崎アナも圏外に。キー局ではNHKを含めて、フジテレビだけがトップテンに1人も名を連ねることができませんでした。そうした事態に危機感をおぼえ、昨年、芸人のおばたのお兄さんと結婚して既婚者となった山崎アナを再び引っ張り出したのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 顔がいいアナウンサーは揃っているだけに、あとはいかに人間的魅力をアピールできるか、というのが当面の課題となりそうだ。

(田中康)

関連記事(外部サイト)