結婚が追い風!?二宮和也「嵐活動休止後」はハリウッド再挑戦も

二宮和也

 嵐の二宮和也が、元フリーアナウンサーの伊藤綾子との結婚に向けて、3億円の豪邸を購入したと9月17日発売の「女性自身」が報じた。それによると2人は、この新居ですでに生活をともにしているとある。

 芸能ジャーナリストは「嵐としての活動休止後、結婚するのは間違いない」という。

「二宮は、孤独を恐れないし、むしろ1人でいることが好きなタイプ。世間の常識よりも、自身の決断を優先させる唯我独尊の人。長いスパンで計画を綿密に立て、一度決めたら頑固なほど考えを曲げません。すでに伊藤と同棲しているなら、自分のテリトリーに招き入れたことになり、それは、ともに生きていこうと決めたんだと思います」

 嵐の活動休止後は「正確に言うと何も考えていない」と答えた二宮。しかし、役者としてのオファーは引きも切らないようだ。

「2006年に公開されたクリント・イーストウッド監督映画『硫黄島からの手紙』に出演した二宮は高い評価を得ました。オーディションで二宮を見たイーストウッド監督が、彼のために役を作ったほどです。その後も、ハリウッドからのオファーはあったようですが嵐としての活動があり、長期の撮影に入るのが無理だったようです。しかし、嵐の活動がなくなれば、俳優として伸び伸びと仕事ができるのではないでしょうか」(映画製作会社関係者)

 伊藤との結婚がその追い風となるのか。これまでは、「嵐というアイドルが自分の本業」と答えていた二宮だが、これからは俳優・二宮和也が本業となりそうだ。

関連記事(外部サイト)