有吉弘行もハマッた「ドラクエウォーク」でゲーマーが続々と高尾山登山!

有吉弘行

 9月29日、お笑い芸人の有吉弘行が、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、スマートフォン用ゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」をほぼクリアしたことを報告した。

 位置情報を利用したこのゲームで、有吉は「1日平均10キロは歩いている」とし、現在までで進められるストーリーである第5章の10話、そのほかのイベントやサブクエストをすべてクリア。現在レベルは47で、50までは上げられるのだが「街に出てモンスターと一緒に(写真を)撮るっていうのにハマッています」と話した。有吉はツイッターでも時折このゲームについて触れており、9月28日の段階で5章まで終わったことをツイート。さらに「アップデートまではお土産集めか」としている。

 9月12日の配信開始から1週間で500万人がダウンロードしたというこの人気ゲーム。ゲームを進めるだけでなく、有吉が語る「お土産集め」も楽しみ方の1つのようだ。

「47都道府県それぞれに4つずつ用意されており、決められた場所に行ってクエストをクリアすると、ご当地のお土産アイテムがもらえるんです。これは課金すればほかのプレイヤーにプレゼントすることもできます。ちなみに東京では東京タワー、渋谷109、浅草雷門、高尾山で獲得できます。高尾山は、高尾山口駅ではなく、山頂までのぼらないとクエストができないところがミソ。高尾山は標高599メートルと決して高くはありませんが、ロープウェーやリフトを利用しても、40分はしっかり山登りする必要がある。先日、実際に登ってみましたが、登りなれた服装の人たちに混じって、半ズボンだったりミニスカートだったり、完全に“街歩きスタイル”の登山客が多数、木漏れ日のなかで歩きスマホしていましたよ。異色ではありますが、地域の盛況にはひと役買っているのではないでしょうか」(ゲームライター)

 高尾山に登れば、有吉をはじめとするドラクエウォーカーの芸能人に会えるかも?

関連記事(外部サイト)