DaiGo、脅迫された人物に生放送で仕返し「リアルスカッとジャパン!」

DAIGO

 9月28日に放送された「オールスター感謝祭」(TBS系)に出演したメンタリストDaiGoの発言がネット上で話題となっている。
 
 番組を観ていた芸能ライターが言う。

「お得意の、芸能人の選んだ数字のカードを当てるゲームに参加したDaiGoは突然、出演者である勝俣州和に、『◯◯プロデューサーはお元気ですか?』と、名指しで質問。勝俣が『最近、酒の量と愚痴が増えた』と、答えると、『赤坂僕歩いてますよって伝えてください』と、サラッと言い放ったんです。ここだけを聞くと、視聴者には何のことだかわからないでしょうが、彼は以前、カジサック(梶原雄太)のYoutubeに対談出演し、『TBSのプロデューサーに、赤坂を歩けなくしちゃうぞと言われた』と、カミングアウトしていたんです。収録だとカットされてしまうので、生放送の番組に出たのはこういう狙いもあったのでしょう」

 このプロデューサーは、先ごろADへの暴力沙汰により、自らが立ち上げた番組「クレイジージャーニー」から異動処分になった大物Pと見られている。これにはネットユーザーが大歓喜。「さすがDaiGoさん、リアルスカッとジャパン!」「このプロデューサーが赤坂歩けなくなるな」と、続々と応援コメントが書き込まれた。
 
 いじめられていた過去には、いじめっ子に仕返しとしてナタを投げつけたことがあるというDaiGoだが、脅迫をしたプロデューサーには大きなブーメランが刺さったようだ。

(佐藤ちひろ)

関連記事(外部サイト)