園子温「北九州監禁殺人」ドラマで全脱ぎした美人女優に視聴者が大注目!

園子温

 10月11日より、Netflixで配信がスタートした映画「愛なき森で叫べ」が注目を集めている。同映画は、実在の凶悪事件をモチーフにしているという。

「この作品は、『冷たい熱帯魚』の園子温監督が、北九州監禁殺人事件に着想を得て制作した戦慄のサスペンス映画です。その内容は、椎名桔平演じる天才詐欺師が、ある家族全員を洗脳し、極限の監禁状態で殺し合わせるというもの。今回はネット配信ということで、人体切断シーンや、実際の事件のように電気ショックで虐待するシーンなども正面から描いています」(テレビ誌記者)

 そんな洗脳される家族役は、でんでん(父親)や真飛聖(母親)のほか、オーディションから選ばれた鎌滝えり(娘)が演じた。その中でも鎌滝は今回、新人女優ながら壮絶な体当たり演技に挑んでいるという。

「園監督のインタビューによれば、新人女優の鎌滝は元々、森の中で素直に殺されるという役だったそう。しかし監督に才能を買われ、途中から脚本を書き直してまでシーンを追加。映画では、下半身を刺激しながら1人でしたり、友人たちの前でマッパのまま椎名桔平と性行為をするなど、体当たりシーンが満載。彼女はこれまで、トリンプ・イメージガールを務めるなどスタイルもよく、視聴者から『表情も体も美しい』『バストトップまで晒して演じる彼女に、女優としての覚悟を感じた』『この女優、知らなかったけど演技が凄い』と大きな注目を集めています」(前出・テレビ誌記者)

 これまで、園映画の出演で注目を集めた満島ひかりや吉高由里子のように、鎌滝もまたブレイクとなるだろうか。

関連記事(外部サイト)