やっと日本の中学生レベル?ピース綾部、渡米2年の英語力に呆れ声

ヒ?ース綾部

 仕事を取るどころか、それ以前の問題だろう。

 17年10月に米ニューヨークに活動の拠点を移し、コンビとしての活動は休止中のピース綾部祐二。

 ハリウッドスターになると啖呵を切って旅立っていったものの、渡米前から英語がほとんど話せないという絶望的な状況が取り上げられていたが、20日放送のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、渡米して約2年が経った現在の綾部の英会話力について明かされている。

 同回では綾部の相方である又吉直樹、キングコングの西野亮廣と梶原雄太の3人でトークを展開。冒頭で綾部の話題になると、梶原は「渡辺直美に聞いたんやけど、綾部が行ってけっこう経つでしょ? ほとんど(英語)喋れてないらしいで」と、全く英語が上達していないことを伝え聞いたと説明。続けて西野も、ニューヨークに行った際、綾部と食事をしたそうだが、そこで綾部は「語学は現場に行ったらなんとかなるっていうけど何ともならんかった」と話していたそうだ。

 ただ、英語の習得には苦戦しているものの、持ち前のコミュニケーション能力の高さもあり、現地の友達は順調に増えているとのこと。

 しかし、この綾部の現状に世間からは「応援してたけど、2年も滞在してほとんど喋れてないってどうなの」「友達を作るために渡米したのかな?」「『どうにもならなかった』とかじゃなくてどうにかしろよ」など、呆れ声が上がっている。

「オードリーの若林正恭も、渡米して4ヵ月が経過した綾部と現地で3日間ロケを共にしたというエピソードを過去にラジオ番組で話していましたが、3日間のロケで綾部が発した英語は『アメイジング』のみだったとか。さすがに2年も経つとボキャブラリーはもう少し増えているでしょうが、報告を聴く限り、日本の中学生でも当たり前に分かるワードをようやく習得したというレベルではないでしょうか。現地に2年も滞在して英語が上達していないということは、ネイティブの人とは会話せず、日本人とばかり話しているのでしょう。本気で夢を実現させたいのであれば、まずは環境を変えなければ」(エンタメ誌ライター)

 ハリウッドスターとしてレッドカーペットを歩くことを目標に掲げ、「ビッグになるまでは帰ってこない」と宣言していた綾部だが、まだまだ遠い先のこととなりそうだ。

(田中康)

関連記事(外部サイト)