村主章枝「フィギュア→完脱ぎ→社交ダンス」の表現者人生

村主章枝

 バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で社交ダンスに挑戦している、元フィギュアスケーターの村主章枝。10月25日の2時間SPでは、9月に仙台で行われた「社交ダンス日本代表決定戦」で村主が奮闘する様子が放送される。

 お笑い芸人・キンタロー。の卒業で、新たに社交ダンスに挑むことになった村主。さすがは元フィギュアスケーターだけあって、振付師としてアメリカで多忙な暮らしを送るなかでもメキメキと実力をつけ、今回の大会での優勝を目指して練習を重ねてきた。

「村主は、フィギュアスケーターの頃から表現力に定評がある選手でした。ソルトレイクシティオリンピックで5位、トリノオリンピックで4位とメダルこそ逃しましたが、世界選手権では1度の2位と2度の3位。世界も認める実力者だったと言えるでしょう。引退後、写真集で一糸まとわぬ肉体美を披露して世間を驚愕させましたが、彼女にとってはそれも表現のひとつ。そして今回の社交ダンスも、表現者・村主にとってまたとないチャンス。世界を知る村主が、新たなステージでどんな演技を見せてくれるか楽しみです」(芸能ライター)

 競技歴8カ月で挑む日本代表の枠。果たしてどんな結果が待ち受けているのか。

関連記事(外部サイト)