“独身偽装不貞”の小手伸也、謝罪コラムにも速攻ブーメラン!

小手伸也

 ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)でのブレイク前のこととはいえ、“ファン交流の一環”として、既婚でありながら独身だとファンを欺きホテルで密会していた俳優・小手伸也。文春砲に直撃されると「シモキタ的ノリを捨て切れなかった」と、意味不明の言い訳をして事を大きくしてしまった感がある。
 
 シモキタ=下北沢が演劇の街と言われていることは有名。でも、いくら大学時代から演劇に打ち込んできた苦労人とはいっても、偽装不貞の言い訳に「シモキタ」を使われたことで、住民のみならず「下北沢のせいにするとか舐めてる」と大バッシングを受けるハメに。

「これまで聞いた“不貞バレ”コメントの中でもかなり特殊な言い訳でしたからね。確かに下北沢は劇場やライブハウス、古着屋さんが多いなど独特の文化はありますが、決して不貞の温床ではありません。一部では『シモネタザワ小手』と揶揄される始末です」(女性誌ライター)

 そんな小手が「日刊ゲンダイ」に連載しているコラムで改めて釈明をして、火に油を注いでいる。

「前半こそ『日々猛省を繰り返しております』と殊勝ですが、中盤以降は電車移動を車移動に変えたとか、『そんな格好をしてるから目立つんだよ』と奇抜なファッションに助言をもらったとか、でも引っ越しの際に処分してしまったから服がないとか、のらりくらりの印象。『人生何が起こるか分かりませんが、良いことも悪いことも、やはり日々「今」をどう生きるかによって、「未来」は明るくも暗くもなるんだと思います(思いました)』とも書いており、読みようによっては、まるで自分がなぜそんな立場に追い込まれたかわかっていないようにも感じましたね」(前出・女性誌ライター)

 コラムの最後を「皆さまも『未来のための今』を、どうか大切に」と締めた小手。ネット上では「人の事を心配してる場合じゃないでしょ」「あなたに言われたくない」と速攻ブーメランを浴びていたが、今後の姿勢で何とか信頼を回復してもらいたいものだ。

(小机かをる)

関連記事(外部サイト)