内山信二「婚約」で幸せの絶頂も、加速度的に縮まる“余命”が心配

内山信二

 タレントの内山信二が結婚することがわかった。胃袋をつかまれた≠ニのことだが、これが内山の寿命を縮める恐れがあるという。

 気になるお相手は、38歳の内山より6歳年下の一般女性の琴さん。ビヨンセに似ていて、渡辺美里をハーフにした感じだとか。交際2年、撮影先のタイのバンコクで、琴さんの誕生日にプロポーズ。その模様は、10月27日放送のバラエティ番組「坂上&指原のつぶれない店SP」(TBS系)で放送される。

 2人の出会いは、医療番組「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)。MCの草野仁のヘアメイク担当の琴さんが内山に一目惚れし、その後、交際に発展。デートはほとんど自宅で、琴さんは豚じゃぶやハンバーグ、ナポリタンなどを作り、内山は胃袋をつかまれたという。豚しゃぶのシメで、琴さんがうどんの後に雑炊を提案した時、「この子しかいない」と内山は結婚を決意したようだ。

 内山の食欲を知り尽くす理想の妻のように思えるが、気がかりなことがある。

「内山の健康状態です。バラエティ番組『名医のTHE太鼓判』(TBS系)では、数回に渡って内山の健康状態から余命を診断しています。2017年5月の放送では余命6年を宣告され、生活改善などで一時、余命は14年まで延びました。しかし、食生活が乱れたのか、18年4月の放送では再び余命は6年、同年10月の放送では余命は5年と加速度的に縮まっています。今年5月20日の放送では、医師団から『今日、明日にでも突然死してもおかしくない』とまで宣告されました。琴さんとの交際後、美味しい手料理に食が進みすぎたのか、内山の健康状態は悪化していったのかもしれません」(芸能記者)

 健康を脅かす肥満の大敵は、脂質や糖質。自宅だけではなく、外出先でも内山はそれらに目がないようだ。

「内山のインスタグラムを見ると、カレーうどんやカップ麺、回転寿司など、相変わらず糖質を好んで食べていることが推測できます。生活習慣病は自覚症状に乏しく、突然、体調を崩すことも十分考えられます。琴さんのためにも、節制を心がけてほしいものです」(健康雑誌ライター)

 内山の余命が少しでも延びることを祈りたい。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)