徳井義実の所得隠し事件で、ついに「巻き添え降板」の被害者発生か

芸能 お笑いタレント、チュートリアル・徳井

 お笑いタレントの徳井義実が、長年にわたって所得隠しや申告漏れを続けてきた事件が、他の芸能人にも影響を与え始めてきた。

 10月28日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、徳井の姿を画面から消すことはなかったものの、セリフはカット。しかも今回は俳優でアーティストの福山雅治がしゃべくり007に初登場という注目の回だったが、多くの視聴者は徳井のほうにばかり注目する有様だった。

 他にも「人生最高レストラン」(TBS系)や、10月24日にスタートしたばかりの「ダブルベッド」(同)といった番組から徳井が降板することに。各所に迷惑をかける形となっているが、そんな中、ついに”巻き添え降板“に追い込まれそうな被害者がいるというのだ。テレビ誌ライターがささやく。

「徳井がMCを務める『DTテレビ』(AbemaTV)では、メイン級の男性出演者が徳井ひとりだけという構成が原因で、番組の打ち切りが決まったとの噂です。ここで気の毒なのが“DTブラザーズ”というレギュラー出演者たち。彼らはほとんどが売れていない若手芸人で、この『DTテレビ』が唯一のテレビ出演という“地上波DT”ばかり。それでもお笑いトリオ・お団子まんじゅうの頑張れヒロムくんが『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の空耳アワーで再現VTRに出演するなど、ここをきっかけにチャンスを掴んだ例もありました。それゆえDTブラザーズたちは、徳井の不祥事の最も深刻な犠牲者と言えるかもしれません」

「DTテレビ」は、17年10月の放送開始当初から朝日奈央をアシスタントに起用。いまやブレイクタレントとなった朝日にとっての出世作となっていた。それがいま、若手芸人たちの芽を摘みかねない状況になっているとは、なんとも皮肉な話ではないだろうか。

(北野大知)

関連記事(外部サイト)