宇垣美里、TBS時代の怒られ話の最中に垣間見せた「攻撃的素顔」

宇垣美里

 また“武闘派素顔”をのぞかせたようだ。

 元TBSアナウンサーの宇垣美里が10月29日、自身がアシスタントを務めるラジオ番組「篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!」(TBSラジオ)で、「めちゃくちゃに怒られた」という過去の経験を明かした。

 舞台は、局アナ時代に担当した「スーパーサッカーJ+」「炎の体育会TV」などのスポーツバラエティ。現場で宇垣は「一回どうしても通れなくて、選手の前を。後ろに道がなくて、前を通ったらその後にめちゃくちゃに怒られて。『お前、じゃあ、そこ(後ろの狭い空間)通ってみろよ』って思いながら」と告白。この物言いに驚いたリスナーも多かったようだ。

「どうにも不快に感じてしまったのは『お前』という言葉。そのときの感情を包み隠さず表現したのかもしれませんが、SNS上にも『言葉づかいがひどい』『ヤンキーまる出し』『木下優樹菜と同類?』と、元女子アナの発言とは思えないといった意見がありました。そのあと宇垣アナは『どいてくださいって言えばよかったかな。時間もないしと思って通っちゃったのを怒られた』と続けていましたが、その釈明もいかがなものかと。『前を失礼します』と言って通るというのは、社会人なら誰でも気づくはずです」(女性誌ライター)

 さらに、このエピソードを聞いていた経済評論家の森永卓郎氏が「TBSはわりとアナウンサーは優しいんですよ、女子アナは」と擁護すると、ここでも宇垣は「本当にTBSのいいところだと思います。みんなが人にそこまで興味がないんですよ。すごくいい意味で」と、意味不明の同意。これにも「全然、褒めてないんですけどw」「言葉の選び方がおかしい」「田中みな実がどんどんいい人に見えてくる」と言われたい放題だ。

 渦中の田中みな実や木下優樹菜を引き合いに出されるところなど、やはりメディアにとっては逸材であることは間違いないのかも。

(小机かをる)

関連記事(外部サイト)