「バス旅」に宇垣美里が登場も番組ファンはマドンナのチョイスに「?」

宇垣美里

 8月の放送で太川陽介がマドンナの生駒里奈にブチ切れて以降、マドンナの選び方に注目が集まっている「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」最新回が、10月30日の「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)にて放送された。

 今回のマドンナはTBSを退社して現在はフリーの宇垣美里。スタートは静岡の三保の松原、ゴールの山梨の清里を目指した。

 宇垣は太川から「三保の松原ということで天女が舞い降りました」と紹介されて登場。これまでのマドンナとは別格の扱いを受けている。

 道中、宇垣は聞き込みを行ったり、地図とにらめっこでルートを探すなど、積極的にバス旅に参加。ただのお飾りにとどまらない大活躍を見せ、一生懸命になるあまり太川と言い争いになる場面もあるほどだった。

「歩きに文句を言ったり、バスに乗り続けなければいけないことに露骨に嫌な顔をするマドンナもいる中で、宇垣はかなり頑張ったほうだと思います。時折その頑張りがあざとく見えることもありましたが(笑)、貢献度は合格点でしょう」(テレビ誌ライター)

 だが、古くからのバス旅ファンの中には、宇垣のマドンナ起用に疑問を投げかける向きもある。

「『旅バラ』になる前、土曜スペシャルで放送されていた時のバス旅では、年配で人気が落ち着いた女性タレントが起用されていました。そんなマドンナと、太川・蛭子とのまったりしたトークが人気だったんです。ところが最近は生駒里奈、真野恵里菜、松井珠理奈など若い女性が多い。正直、観ていて疲れるという意見があります」(前出・テレビ誌ライター)

 また、宇垣がOKならもっと別の人を選ぶべきだという意見もあった。

「別の人とはズバリ、テレビ東京の女子アナです。元TBSアナの宇垣を起用するなら、まずテレ東のアナを選んでほしいというのです」(週刊誌記者)

 近年のテレ東の女子アナはスターぞろいだ。今年の春に入社してすぐに「モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレビ東京系)の4代目アシスタントに起用された田中瞳アナは、キュートなルックスで早くも高い人気を得ている。

 そして、今ではテレ東のエースに成長した鷲見玲奈アナもバス旅登場が期待されている1人。彼女は豊かな胸の持ち主で、多くのファンがいる。

「バス旅はバスが走っていないところは歩かないといけません。鷲見アナが歩けば、彼女の胸が縦揺れするシーンが見られるはず。バスの時間に合わせるために走ることがあれば、もっと激しく揺れて…なんてことも期待できる。ぜひ出てほしいですね」(前出・週刊誌記者)

 ファンの願いが叶う日は来るだろうか。

関連記事(外部サイト)