徳井義実の出演を忘れさせた「いだてん」新加入・安藤サクラの画ヂカラ

安藤サクラ

 11月3日放送の大河ドラマ「いだてん」(NHK)第41話に出演した、芸能活動自粛中のお笑いコンビ・チュートリアル徳井義実。番組冒頭には「大河ドラマ『いだてん』は10月1日にすべての収録を終了しています。徳井義実さん演じる日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては編集などでできるだけ配慮をして放送いたします」と字幕が映し出され、再編集したことが強調された。

“鬼の大松”と呼ばれ、日紡貝塚女子バレーボールチームを率いる大松監督は、チームメンバーのことをあだ名で呼び、キャプテンの河西昌枝を演じる安藤サクラは「馬」というあだ名で何度も呼ばれた。

「ネット上では、徳井と一緒の場面には安藤が必ず出ていたことから『安藤サクラの画ヂカラが強すぎて徳井が出てるのを忘れてた』『安藤サクラのもじゃもじゃ電発ヘアに釘付け。徳井が出演してても気にならなかった』『安藤サクラを馬、馬って呼びまくる徳井の声は印象的だったけど、姿の記憶がない』など、徳井の存在感を安藤が打ち消してくれていたようです」(テレビ誌ライター)

 髪の毛の厚みが20センチ近くあるように見える安藤演じる“馬”こと河西キャプテン。その独特なたたずまいに徳井は助けられたのかもしれない。

関連記事(外部サイト)