視聴率3%から急上昇!「モトカレマニア」が実施した爆死回避の秘策とは?

新木優子

 11月14日に放送された新木優子と高良健吾がダブル主演するテレビドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)第5話の視聴率が、4.6%だったことがわかった。同ドラマは、前回の視聴率3%から1.6ポイントも上げたという。

「『モトカレマニア』は初回視聴率5.6%でスタートしたものの、回を重ねるごとに数字を下げていき、4話でついに3%まで下落。それが今回は、前回に対し5割増となる爆上げとなったのです。一時は番組の打ち切りも囁かれていましたが、このまま上昇していくことができれば回避できそうです」(テレビ誌記者)

 その5話では、田中みな実演じる元カレを引きずった来栖むぎが、「あんな人、もう好きじゃない! 強がって何が悪いの、私は前に進んでる!」と自分に言い聞かせるかのように叫ぶシーンが話題に。彼女は過去に有名芸人との熱愛も話題になっただけに「鬼気迫る演技」と、視聴者から絶賛されている。

 さらに今回、番組には視聴率爆死を回避する秘策が盛り込まれていたという。

「今回のテレビ欄では、あらすじではなく『今夜、豪華プレゼントキャンペーン実施!』と大々的に告知。データ放送を通じて応募すれば、出演者のサイン入りポスターや番組グッズ、さらにドラマファン以外にもアピールするためか、お食事券までプレゼントするという企画を行ったのです。さらに冒頭、新木、田中、山口紗弥加といったメイン女優3人がマッパで入浴するというシーンも流れるなどしたことで、視聴率の爆上げに繋がったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 今後も、プレゼント企画や出演者の艶っぽいシーンを増やしていけば、V字回復もありそうだ。

関連記事(外部サイト)