武田久美子の爆買いの荷物持ち≠務めた筋肉自慢の美女タレントとは

武田久美子

 21歳で衝撃的な貝殻水着を披露し、一世を風靡した女優の武田久美子。伝説のアイドルだけあり、買い物もスケールが大きいようで、荷物持ち≠燉L名タレントだった。

 武田は11月18日、「109でショッピング」と題したブログを更新。現在、米国サンディエゴに拠点を置く武田だが、仕事の関係で来日し、東京・渋谷のショッピングモール「渋谷109」で1日だけ買い物を楽しんだようだ。「いっぱい買ってしまいました〜」とつづり、4つの大きなショップ袋の横に立つ自身の写真を投稿した。

 でも、さすがに1人で持ち運べる荷物ではない。実は荷物持ち≠ェいたようだ。武田は「持つべきものは友!!親友のめぐみちゃんが荷物手伝ってくれた。お陰で8階からB2まで思い存分(原文ママ)にお買い物が出来ました。13才と17才からの長〜いお付き合いだから出来るリラックスタイムでした」と報告。どうやら、武田は女優の渡辺めぐみに荷物持ちを頼んだようだ。

 渡辺といえば1980年代、バラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のレギュラーだった松金よね子、KINYAと3人で「よめきんトリオ」を結成し、レコードデビューも果たした、当時の人気タレント。その渡辺が荷物持ちとは、なんとも豪華だ。ただ、武田とツーショ写真が掲載されているが、笑顔を浮かべながらも渡辺の表情からは疲労の色が見てとれた。

「武田が言うように、2人は長年の親友同士です。渡辺のブログにも武田はたびたび登場し、仲の良さが十分うかがえます。とはいえ渡辺は55歳。109の8階から地下2階まで荷物を持って、武田の買い物に付き合うのは相当こたえたのではないでしょうか」(芸能記者)

 だが渡辺は、ここ数年はボディビルに力を入れ、インスタグラムでも筋トレ風景の写真をたびたびアップ。今後も、武田の買い物に付き合う体力には問題なさそうだ。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)