武井壮、年収500万円を「底辺扱い」して大炎上!

武井壮がTwitterで年収500万円を底辺扱いしてると大ブーイング 「あまりに世間離れ」

記事まとめ

  • 武井壮が“究極の選択”についてフォロワーに尋ねるツイートをしたが波紋を呼んでいる
  • 武井が年収500万円を底辺と考えているフシがあるといい、世間を驚かせている
  • 「私は年収350万円ですけど」などと世間離れした武井の金銭感覚に批判が上がっている

武井壮、年収500万円を「底辺扱い」して大炎上!

<a href='/topics/keyword/武井壮/160530001254/'>武井壮</a>

 タレントの武井壮が11月21日にツイートした内容が「あまりに世間離れ」と大ブーイングを呼んでいる。
 
「何を思ったか、武井は“究極の選択”についてフォロワーに尋ねるツイート。その選択というのが《(1)年収5000万だけど飯は一生塩おにぎり、昆布とふりかけは付けてもいい》《(2)年収500万だけど飯はどの店も無料で食べ放題》の2択。文面を読んだだけではさっぱり意図が分からず、多くの人が『何これ?』と首を傾げたようですね」(女性誌ライター)

 だが、その意図はどうであれ、世間の人を驚かせたのは、武井が年収500万円を底辺と考えているフシがあるということだ。

「そうでなければ“究極”なんて言葉は使いませんよね。そう感じた人は多かったようでSNS上には《武井壮ってこんな金銭感覚の持ち主だったの?》《年収500万円なんてうらやましいんですけど…》《クイズがまったく究極じゃない。つまり感覚が庶民と完全にズレてるって》《私は年収350万円ですけど》などと、総攻撃状態です」(前出・女性誌ライター)

 最近ではラグビーワールドカップ会場でVIPゲストへのインタビュアーとしても登場。会場では「なぜ武井?」と賛否入り混じる反応があったが、今後もスポーツイベントなどに顔を出すであろう存在。来たる東京オリンピックでもきっと引く手あまたのはず。だとすれば、せめて五輪シーズンまでは馬脚を現さないよう注意したほうがいいような…。

(飯野さつき)

関連記事(外部サイト)