中森明菜、ファンが涙した「ファンクラブ会報」の手書きメッセージ

中森明菜

 今年もディナーショーの季節がやってきた。2010年10月に免疫力低下による体調不良を理由に無期限活動休止を発表していた中森明菜が、2016年、2017年と2年連続でディナーショーを開催したことを覚えているだろうか。ファンは今なお歌姫・明菜の歌う姿をこの目で見たいと心待ちにしており、この数年は年末が近づくと明菜が主戦場にしているディナーショーを開催するか否かが話題になるのだが、今年も昨年に続きディナーショーはないようだ。

「年に3回配布されるファンクラブ会報には、毎号明菜の手書きメッセージのコピーが入っているのですが、最新号の会報に入っていたメッセージがファンの心をざわつかせているようです。『大丈夫ですかっ!? 元気にしていますかっ!? 何かっ!! 楽しい事! あったっ!?』という呼びかけから始まり、『あたし!? あたしは…何もないっ!!』と続き、『みんなが元気で居てくれて… 少しでも 楽しい日々が過ごせていたら それだけで…』『元気でいて! 体を大事にねっ!』と締めくくっているんです。ファンに対して新しく報告することが何もなく、ファンの体調を気にかける言葉を書きつづっている明菜の心情を考えると、ファンとしては思わず涙がこぼれてしまうのだとか」(女性誌記者)

 歌姫・明菜と並び称された松田聖子は、年末の「紅白歌合戦」(NHK)への出場も決まり、現在「クリスマスディナーショー2019」で日本全国を精力的に駆け回っている。ぜひ明菜にも、再びステージで光り輝く姿を見せてもらいたいものだ。

関連記事(外部サイト)