Mattが「1ミリでも嫌だと思ったら秒で縁切る」とイキッたのはなぜ?

Matt

 テレビ出演を解禁後、“キワモノ”の評価を一変させているタレントのMatt。最近では桑田真澄氏と携帯電話のCMで親子共演も果たし、「サンダーバードみたいな顔」もすっかりお茶の間に浸透している。

 穏やかな性格も世間に受け入れられた要素だが、そんなMatt が12月9日、インスタのストーリーズを更新。そこに投稿された内容が物議を醸している。

「フォロワーからの『Matt様は人間関係めんどくさいなって思ってきたらどうしてますか?』という質問に、彼は『特定の人のことがイヤってことだよね?僕は1ミリでも嫌だなと思った瞬間秒で縁切るよ!』といきなりバッサリ。続けて『その人に合わせてる暇なんかないよ。だって自分の人生だし切るも切らないもこっちの勝手じゃない?曖昧な関係は面倒だから好き嫌いはハッキリしたほうがいい』と、フォロワーのざっくりした質問にものすごい熱量で人生論を展開したのです」(芸能ライター)

 CMで父から「Matt!お前の道を行け!」と後押しされているだけのことはある、思い切った持論だが、一般層のウケはあまりよくなかったようだ。

「ちょっとでも嫌だと思ったら関係を切る!という言い分はすごいですね。完璧な人なんていないし、長く付き合ってよさのわかる人もいれば、長短あるけれど立派な人もたくさんいます。でも、Mattの持論からすれば、ちょっとでも“こいつ苦手”と思ったらその後は絶縁するということ。そういう印象を持った人が多いのか、SNSでも『そんな甘い社会はない』『結局、桑田の息子でチヤホヤされたお坊ちゃんの勝手な発想』『最近、Mattっていいなあと思ってたのにコメント読んだ瞬間、秒で嫌いになった。つまりそういうことでしょ?』『びっくりするぐらい上から目線w』と、Mattの考えを否定する反応が多く見受けられました」(同前)

 きっと、そんな批判も華麗にスルーするのだろう。「僕は年上や権力のある人に媚びたりする人生送らないから。人生の先輩?芸能界の先輩?別に尊敬してる人でもない人に媚びる必要なんてないからw自分で切り拓くから大丈夫」と主張するMattに怖いものなし。

 でも、フォロワーの質問1つに、なぜこんなにイキってしまったのかは不可解。何か嫌なことでもあったの、Matt様?

(小机かをる)

関連記事(外部サイト)