草薙航基、みやぞんへの「失礼発言」が共感を呼んだワケ

宮下草薙の著書

 1月14日の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)にて、ANZEN漫才・みやぞんと宮下草薙・草薙航基が二人で旅する模様を放送。そこで繰り広げられた草薙の態度に、一部の視聴者から「自分を見ているようでツラい」との声が寄せられていたという。

 同企画では人と話すのが苦手な草薙を終始、みやぞんがフォロー。だがサービス精神過剰のみやぞんに対して草薙が思わず「お前」呼ばわりしたり、すぐに話をさえぎる草薙にみやぞんが「何でもダメダメ言うよ?」とやんわり注意するなど、噛み合わない場面が続出した。終盤では熱海のホテルで枕を並べて寝ながら、二人が打ち解ける場面も。しかし草薙は「イカれたヤツだと最初は思ってた」と言い放ち、みやぞんのほうも「草薙さんも変わってる」と呆れていたようだ。

「草薙が放った数々のネガティブな発言には、視聴者から《クズ過ぎる》《こんなんじゃすぐに消えるわ》といった批判が続出。たしかに草薙の発言を表層的に捉えていたら、そういう反応が出るのも無理はありません。しかし、草薙と同じようなメンタルの人たちから見れば、彼の発言は必ずしもみやぞんを攻撃しているわけでないのです。ただ対人関係が苦手ゆえに言葉のチョイスを誤ってしまい、結果として相手を傷つけてしまう。そんな状況に草薙自身も傷つくという負の連鎖になっています」(テレビ誌ライター)

 草薙の言動に理解を示す視聴者からは、《みやぞんの愛情に応えられない自己嫌悪が言葉の端々に表れている》《みやぞんに心を開いているからこそ「お前!」って言えるんだよね》といった反応があがり、みやぞんのことを「イカれてる」と評した場面についても、その言葉を引き出したこと自体がみやぞんのスゴさだと評する声もあるようだ。

「草薙の言動が不愉快一辺倒だったら、ここまでテレビで重宝されることはないはず。彼が放つネガティブオーラが少なからぬ視聴者の共感を得ているからこそ、番組として成立しているのでしょう。草薙の姿を自分になぞらえる視聴者にとって、今回の二人旅は大いに参考になったのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 番組で草薙が発した「なんでボクなんかがテレビに出られるのか」という疑問。その答えが今回の二人旅で示されていたのかもしれない。

(北野大知)

関連記事(外部サイト)