父にも夫にも裏切られた杏を助けたい女性が続出「私が乳母になって…」

杏

 夫・東出昌大と唐田えりかの3年近い不貞関係から別居に踏み切った杏に同情の声が続出している。

 杏の実父である渡辺謙が1989年に急性骨髄性白血病を発症。闘病により経過は良好のように見えていたが5年後の1994年に再発。その頃から実母が宗教にすがるようになり、2億円とも噂される借金を作ったことから、当時高校生だった杏は高校を中退。昼間はモデル活動、夜間は飲食店や掃除のアルバイトで家計を助けていた。2005年3月に両親は離婚成立。ところが同年12月に渡辺は南果歩と再婚。南が乳がんと闘病中の2017年3月には渡辺が21歳年下のジュエリーデザイナーとの不貞を報道され、2018年5月に離婚。今年1月18日に開催された所属事務所の新年会ではその21歳年下のジュエリーデザイナーと交際宣言をした。

「ちょうどその頃、娘の杏は東出と別居したばかり。東出は杏が第3子妊娠中に唐田と映画『寝ても覚めても』で恋人役を演じ、私生活でも恋人関係になったとされています。父親の渡辺も夫の東出も女性にだらしがないことから、杏のメンタルを心配する声がネット上には噴出しています。それと同時に、3歳の双子女児と2歳の男児を抱える母親でもある杏に対して『乳母になって杏ちゃんを支えたい』『杏ちゃんは何も考えなくていい。あなたは決断するだけでいい。あとは私が守るから、と名乗り出たい』『杏ちゃんのメンタルと子どもたちを守れるものなら守りたい』『自分と子どもだけ考えてと、杏ちゃんのそばに駆け寄りたい』など、杏の力になりたがる女性の声が相次いでいます」(女性誌記者)

 ネット上では「杏は東出と離婚すべき」「修復の余地なし」といった声が大きく聞こえているが、杏の決断を見守りたい。

関連記事(外部サイト)