ブシロード取締役が動いた!ライブでの「家虎根絶」とは何なのか?

Roselia

 トレカやスマホゲームで知られるブシロードの取締役で創業者の木谷高明氏が2月2日、「家虎根絶する方向で動きます」とツイート。6万以上もの“いいね”を集めるなど、ネットをにぎわせている。片や「本当に家虎を潰す気か!?」という反応が続出する一方で、「家虎って何!?」という人も少なくないようだ。

「家虎とはアイドルや声優のライブで《イエッタイガー!》と叫びまくるファンのこと。元々は地下アイドルシーンで発生したコールと言われており、本来はライブ中に高まったヲタがタイミングよく発するコールでした。しかし最近は曲調などお構いなしに喚き散らす迷惑な家虎が増加。そういった中には周りのファンを威嚇してはケンカにまで発展するケースもあり、苦々しく感じているファンや関係者が少なくないのが実情です」(アイドル誌ライター)

 ブシロードではマンガやアニメ、ゲームやライブへと多角的に展開するコンテンツ「BanG Dream!(バンドリ!)」を手掛けており、作品中に登場するガールズバンドの「Roselia」らが大人気。その声優たちによって結成された同名ユニットのライブも人気を博しているが、その現場に多数の家虎が現れているというのだ。

「2月1日に開催されたRoseliaのワンマンライブでは、ほぼ無音になる部分でイエッタイガーを入れる家虎が出現。ほかにも観覧の妨げになる改造ペンライトを振り回した家虎が強制退場を喰らうといった状況に、ブシロード側も家虎根絶を決意するに至ったようです。この措置は多くのファンから支持されており、今後はライブの雰囲気がさらに良くなることは確実でしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 普通の音楽ライブではまずあり得ない迷惑ヲタの根絶は、ファンと運営、そしてステージ上で夢を見せてくれる演者にとって、悲願であることは間違いないようだ。

(北野大知)

関連記事(外部サイト)