浜田雅功「近況報告」でファン安堵、“感染疑惑”の出所と危険な“密集習慣”

浜田雅功

 バンド「OKAMOTO’S」のハマ・オカモトが体調不良を訴え、新型コロナウイルスに感染した疑いがあるとして、2度のPCR検査を受けたことが明らかになった。現在は4月9日に受けた再検査の結果を待っている状態だという。

 4月15日放送の「バイキング」では、「おぎやはぎ」の小木博明がハマ・オカモトの持病に触れ、「喘息持ちというのが、また何か、怖いですよね」とその安否を気遣った。「DREAMS COME TRUE」のベーシスト・中村正人もインスタグラムにツーショット写真とともに、「ハマ・オカモトくんの。無事を願って。そして、世界中のコロナと戦っている人々が一刻も早く回復することを願って」との激励メッセージをアップしている。

 ハマ・オカモトといえば、お笑いコンビ「ダウンタウン」浜田雅功の長男。ネット上では、浜田の体調を不安視する声も多く聞かれたが、そんなファンを安堵させたのが、妻でタレントの小川菜摘だった。

「小川さんは、かつては毎日のようにブログを更新していたのに、ここ2週間ほど記事をアップしなかったので、浜田さんとともに“一家感染”を危惧するコメントがネット上に寄せられていました。しかし、ようやく4月14日にブログを更新。『長男とは同居はしておらず、私達夫婦は自宅待機し元気にしております』と、濃厚接触の可能性を否定したうえで、ハマ・オカモトさんの発熱症状が治まっていることを報告。今後も息子のハマ・オカモトさんをサポートしていくと伝えています」(芸能記者)

 “疑惑”が晴れて、浜田ファンとしてはホッと一安心だろう。だが一時、ごく一部のメディア関係者の間でも「感染説」が流れた背景について、あるお笑い関係者はこう話す。

「浜田さんほどの大物になると、スタジオ内で引き連れるスタッフの数も尋常ではありません。楽屋から収録スタジオに向かう際には、前後左右に後輩芸人やマネージャーが最低でも6人は張りついて、スムーズな移動ができるように、全員一丸となってサポートしていました。それこそ『エレベーターのボタンを押す係』まで決められていると聞いたことがあります。これは、分刻みのスケジュールで動いているので、『浜田さんをエレベーターの前で待たせてはいけない』という気遣いからだそうです。それこそエレベーターの中は、必然的に今で言う“3密状態”となります。さすがにこの新型コロナ禍では、そうした“密集習慣”は見られなかったと思いますが、あのフォーメーションを見たことがある人間ならば、『浜田さんが、まさか…』と思っても仕方ありません」

 まずはハマ・オカモトの一刻も早い快復を祈りたい。

関連記事(外部サイト)

×