岡井千聖「不貞引退」から復帰も「1万円リモートパパ活」にファンがドン引き

岡井千聖

 5月16日、アイドルグループ「℃-ute」の元メンバー・岡井千聖が、YouTubeチャンネル「岡井家TV」を開設した。岡井は動画で、恋愛経験人数などを赤裸々に語ったという。

「岡井は動画にて『こんな時期だし、みんな家で過ごさなきゃいけない時間が増えたと思うから、なるべく早くみなさんに楽しんでいただけるコンテンツを増やしていけたらいいなと思って』とチャンネル開設の理由を説明。そして初投稿として、妹・明日菜さんとの2ショットトーク動画を公開しました。そこで岡井は『(アイドル卒業以降)出来た彼氏の人数は3人です』と、過去の恋愛遍歴を暴露したり、芸能界引退後、艶系ビデオからのオファーなどは来ていないものの、ネオン街の艶系クラブからのオファーについては、『めっちゃあった』とぶっちゃけるなどして注目を集めています」(芸能記者)

 そんな岡井は昨年、競輪選手との「不貞疑惑」が一部で報じられ、今年4月30日をもって芸能界を引退した。それからわずか2週間ほどで活動を再開させたことに対し、ネットでは「早すぎるのでは?」と疑問の声も飛び交っている。また、以前から岡井を支持してきたファンからも、ある発表に対し戸惑いの声があがっているという。

「今後、家族とともに活動していくという岡井は、同時に年会費1万円の『岡井家』のファンクラブも発足。これにはSNSで、《アイドルとしての岡井ちゃんは大好きだけど、岡井家を支えるため、1万円でファンになるのは抵抗ある》《一般家庭なのにジャニーズの2倍の会費…、強気だね》《引退から2週間で、アイドル時代を利用してファンクラブってドン引きなんだが》《ネットで1万円徴収って話題のリモートパパ活では…》と、岡井ファンからも戸惑いの声があがっています」(前出・芸能記者)

 新型コロナの影響で在宅者が増えているため、多くの人を元気にしたいという思いからYouTubeを始めたという岡井。しかし一部のファンは、「ジャニーズの倍」という年会費にドン引きしつつ、集金ビジネス的な匂いに嫌悪感を抱いてしまったようだ。

関連記事(外部サイト)