「私も炎上系?」赤裸々告白!広末涼子がSNSを発信しない理由とは?

広末涼子

 そういえばSNSやってなかったんだ!そんな“気づき”を与えてくれた投稿だった。

 広末涼子が定額制の音声配信サービス「ナウボイス」に「共感…ん?炎上!?」と題したボイスメッセージを投稿したのは7月3日のことだった。

「こんにちは、広末涼子です。こんばんはかもしれませんね」とあいさつをしたうえで、この意味シンなタイトルについて説明をはじめた広末。音声データの配信について、「SNSを発信しない方向で女優人生を歩んできたので、なんだかこういうふうに自分の言葉で発信するのはとても新鮮」と「ナウボイス」デビューの心境を明かした。このサービスを運営するのは、サッカー元日本代表の本田圭佑がCEOを務める企業。これまではおもに、スポーツ界の有名アスリートがみずからの肉声で自身の思いや近況、日本の子供たちへのメッセージを投稿してきたが、6月に入って関根勤や古舘伊知郎、ロンブーの田村淳といった人気タレントが続々と参戦。広末涼子もそうした“タレント参戦組”の一人だ。

 企画参加の理由として、広末は本田の発言に何度も共感したことを挙げ、こう述べている。

「宿題は自分で決めさせてっていう、何ならやらせなくてもいいっていう考え方だったり。プロの世界に指導者ライセンスはいらないっていう…。私は専門外なので難しいことはわからないんですけど、考え方としては共感させていただいて…」

 さらに本田がこれまでSNS上で「炎上」したことについて触れ、「私も炎上系? 炎上型? なのかな…と気づいてしまったという、そういうタイトルでした」と、投稿タイトルが「共感…ん?炎上!?」となった経緯を明かしたのだった。

「SNSをいっさいやっていない芸能人は珍しいかもしれませんね。しかし、過去には宮沢りえさんがインスタのアカウントを削除し、歌手の華原朋美さんもツイッターや会員制ブログをやめてしまいました。原因はいずれもファンの心無い“誹謗中傷コメント”に疲れてしまったためだと言われています。精神的にタフだと言われていた女優の真木よう子さんも、主演ドラマを土下座でPRするなどしてツイッターを活用していたのに、2017年の“コミケ騒動”に見舞われてアカウントを削除しています。こう考えると、芸能人のSNSには少なからずメリットがあるものの、やはりリスクのほうが大きいと言わざるを得ません。最初からSNSはやらないという広末さんの考えはある意味、先駆的だったのかもしれません」(芸能ライター)

 今回の広末の音声投稿には、ツイッター上でも《広末のボイスにmajiでkoiした!》《ケイスケ・ホンダとマインドが似ているとは…かなり意外!》《ヒロスエのホンネが聞けてよかった》と称賛するコメントが相次いでいた。

 もしも広末がSNSをやっていたらケイスケ・ホンダ風のコメントで幾度も炎上していたかもしれないということか…。今後もこの「ナウボイス」では「正直なマインドをオープンにしていってもいいんじゃないかな」と明かした広末。たとえホンネの告白で炎上したとしても、本田圭佑が鉄壁のディフェンス力で“鎮火”してくれるに違いない。

(竹下光)

関連記事(外部サイト)