「アンサング・シンデレラ」撮影現場で目撃された石原さとみの“コロナ異変”

石原さとみ

「コロナの影響で撮影スケジュールが大幅に遅れ、ロケ地がたびたび変更になるなど、現場はゴタゴタしていますが、石原さんは相変わらずマイペース。自粛期間中は、自宅で『HIIT』と呼ばれるトレーニングにハマっていたようです。これは数分間という短い時間内にかなりハードな運動を行うもので、体の引き締め効果は抜群。コロナ禍の撮影現場では、フェイスシールドやマスクの着用などで、どうしても体力を消耗しがちですが、疲れた表情はいっさい見せません」

 ドラマ関係者が明かすのは7月16日に第一話が放送される「アンサング・シンンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ)の主演女優・石原さとみの近況だ。そのタイトルどおり、人気コミックを原作としたドラマは病院内の薬剤師たちの活躍を描いたもので、本来ならば、実際の医療施設でロケを行う予定だったが、大幅な変更を余儀なくされたという。

「一時は埼玉での病院ロケも検討されましたが、やはり都外での撮影には慎重にならざるを得ず、結局はフジのスタジオをフル活用する形で病院を再現することになりました。重要な役で出演予定だった清原翔さんが脳出血で降板することになりましたが、代役の成田凌さんが、準備期間が短いにもかかわらず台本を頭に叩き込んでほとんどNGを出さないのでスタッフも驚いていたとか」(前出・ドラマ関係者)

 “座長”としてムードメイカーぶりを発揮するはずだった石原だが、ソーシャル・ディスタンスの徹底で、撮影の合間の役者同士のコミュニケーションは極力避けるように通達されている。そのせいか、浮かない表情をしていることもあるという。テレビ情報誌のライターがその“異変”について解説する。

「石原さんにとって、いちばんショックなのは“コロナルール”で差し入れができなくなったことだとか。スタッフ思いの彼女は、いつも現場に豪華な差し入れをしていましたから。そこで彼女が考えているのは、食べ物以外の差し入れ。じつは石原さん、過去のドラマでは『みんなと思い出を作りたい』と、フォトプリンターを差し入れしたことがあります。ただ、やはりコロナ禍での記念撮影は“密”を生みやすいため、フォトプリンターはあまり歓迎されないのでは……。そんな思いもあって、おそろいのスタッフジャンパーか、とにかく記念になるものを考えているそうです」

 ドラマ界では米倉涼子に勝るとも劣らない“差し入れの女王”として知られる石原。ただ、現場スタッフにとっては、差し入れよりも石原の笑顔が疲れを癒す“処方箋”なのかもしれない。

(あまねかずこ)

関連記事(外部サイト)