北海道で「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」太川陽介のバスチーム“圧倒的優利”の根拠

太川陽介

 ローカル路線バス乗り継ぎの旅に代わる新たな太川陽介の旅番組「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」(テレビ東京系)の第5弾が9月23日に放送されることが発表された。

 同番組は太川がリーダーを務めるバスチームと、女優の村井美樹がリーダーの鉄道チームがそれぞれバスだけ、鉄道だけを使ってチェックポイントを経由し、最終的な目的地を目指すという内容。先に目的地に着いたチームが勝ちとなる。すでに4回放送され、2勝2敗の五分。勝ち越しを目指してどちらも全力を振り絞り、激しい戦いになりそうだ。

 ところが今回、舞台が北海道になったことで、鉄道チームが圧倒的に不利なのではないかと指摘されている。スタートは函館の五稜郭、ゴールは小樽だ。

「鉄道チームは鉄道しか利用できません。となると、函館から小樽へと向かう鉄道路線は函館本線しかなく、これを利用する以外に方法はない。これまでの旅ではJRに加えて私鉄もあり、どの路線を使うのか選ぶことができました。歩く距離を少なくするため、あえて遠回りをしたこともありますが、今回はそんなことはできません。鉄道チームはルート選択の余地がなさすぎるんです」(テレビ誌ライター)

 もし函館本線から離れた場所にチェックポイントを設定されたら、歩くしかなくなる。タクシーを利用することもできるが、1万円が上限。使い切ったら、ただひたすら歩くことになるのだ。

 逆にバスチームは北海道であることが有利に働きそうだ。

「バスチームの弱点は県境越え。県をまたいで運行しているバスは少なく、いつも歩いて県境を越えていました。ですが、今回は県境越えはありません。しかも、北海道は町と町を結ぶローカル路線バスが発達しているので、ルート選択さえ間違えなければ歩かずに済むかもしれないんです」(前出・テレビ誌ライター)

 チェックポイントの位置にもよるが、どうやらバスチームが圧倒的に有利と思われる。勝ち星を伸ばすのは太川陽介で間違いないか。

関連記事(外部サイト)