長野智子「とくダネ」起用は“カトパン降板”の布石!?「元フジ」を猛アピール

長野智子

 報道番組「サンデーステーション」(テレビ朝日系)のメインキャスターを務めていた長野智子アナが、10月1日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演。元フジテレビアナとして久しぶりの里帰りを果たした。

「1985年にフジテレビ入りした長野は1990年、結婚を機に退社してフリーアナに。在米生活などを経て2000年からは『ザ・スクープ』のキャスターを皮切りにテレビ朝日の専属アナとして活動し、フジテレビとの縁は切れていました。なにしろ本人が『お台場のフジテレビ本社に来るのも初めて』とコメントしているくらいですからね(※台場移転は1997年)。そこにきて今回のコメンテーター起用ですが、テレビ業界ではかなりの唐突感を持って受け止められています」(業界関係者)

 テレビ朝日では現役バリバリのキャスターとして活躍してきた長野アナゆえ、コメンテーターという役目にはいささかの違和感もあるというもの。そこにはどうやら、フジテレビの思惑があるという。

「翌年3月いっぱいでカトパンこと加藤綾子アナが夕方のニュース番組『Live News イット!』を離れることはほぼ確実と言われています。夕方のニュースで一人負け状態のフジテレビとしては、実績のある人材で立て直しを図りたいところ。そのなかで白羽の矢が立ったのが自社に縁のある実力派アナで、ニュース番組の実績も豊富な長野だったようです。ただここ20年の活動により、テレビ朝日の色がついてしまい、多くの視聴者も彼女が元フジテレビだったことは覚えていない様子。そのためまずは『とくダネ!』で慣らし運転を始め、“元フジテレビ”をアピールしていくことで夕方の顔の入れ替えをスムーズに進めたいのではないでしょうか」(前出・業界関係者)

 その長野は2018年5月、18年ぶりのフジテレビ出演となった「ボクらの時代」において、「時代の温度も変わったりするなかで、華やかなフジテレビのイメージと距離感がある時代になっているのかもしれない」と指摘していた。外側から客観的に古巣を見てきた経験が、フジテレビのニュース番組に新たな風を吹き込むのかもしれない。

(浦山信一)

関連記事(外部サイト)

×