伊藤健太郎の逮捕で放送事故が勃発!?「ほん怖」で稲垣吾郎を襲った“怪奇”

稲垣吾郎

《番組の内容を一部変更してお送りしております》

 番組オンエア中に、こんなイミシンなテロップが流れたのは10月31日の「ほんとにあった怖い話 2020特別編」(フジテレビ)。21年続く人気番組は、一般の人から寄せられた恐怖体験をドラマ化してスタジオで視聴、稲垣吾郎さんがリーダーを務める“ほん怖クラブ”がその内容を分析していくというもの。今回は特別編というだけあって、これまでの傑作選に加えて、“旬の俳優”を起用した新作ドラマをオンエアする予定だったのだが…。

「都内で引き逃げ事件を起こして10月30日に釈放された伊藤健太郎さん(23)が探偵役で出演する『探偵の手記』が放送される予定でしたが、あえなくサシカエとなりました。伊藤さんだけでなく、吉田鋼太郎さん(61)や勝村政信さん(57)も出演していただけに、なんとも残念な結果に…。いつの日か放送してもらいたいものです」

 じつはこの番組のオンエア中に看過できない“激ヤバ現象”が起きていたという。ハプニングは、伊藤淳史主演の「断崖の下にて」(2006年)が流れた直後に起きた。

 このドラマでは、伊藤演じる男が恋人とのドライブデートを明け方まで楽しみ、断崖絶壁の近くで休憩していると、謎の女が出没。恋人は気を失ったように眠り、車のエンジンもかからず、右往左往しているところ、なぜか車ごと崖のほうへと押しやられて…というヤバすぎる恐怖体験をドラマ化したもの。スタジオでは吾郎さんたちがドラマを振り返ってトークを展開。霊能者の女性が、「車ごと崖に落とされた女性の霊が無念を訴えた」という見解を述べると、“ほん怖クラブ”のチビッコメンバーが吾郎さんにこんな質問を投げかけた。

「吾郎さんはドライブデートはお好きですか?」

 一瞬、目を泳がせながらも、

「ドライブデートは好きです」と即答した吾郎さん。続けて笑顔を崩さず、「好きな音楽かけて、好きな人とドライブできたら最高だよね」とやさしく“ほん怖クラブ”のメンバーに語りかけたのだった。

 このやり取りの最中に起きた“怪奇現象”をテレビウォッチャーが解説する。

「チビッコ世代は知らなくて当然ですが、稲垣さんといえばかつて、ドライブの最中に駐車違反のキップを切られそうになって、車を急発進。結果的に警官と接触したことで“稲垣メンバー”と呼ばれる事態になったわけですが、当時は『人気女優とのドライブデートの最中だったのでは…』との憶測も流れました。もう19年も前の出来事ですが、ファンには忘れられない事件となっています。当時はまだ生まれていないチビッコの率直な質問に笑顔で答えた稲垣さんの“大人の対応”には頭が下がるばかりですが、じつは稲垣さんが『ドライブデートは好きです』と答えた直後、なぜか男の人の笑い声が…。伊藤健太郎さんの逮捕を受けて、番組はドタバタの再編集を余儀なくされたようですが、はたしてこの笑い声はなんだったのか…。あの事件を知らない人にとっても、けっして笑いが起きるシーンではなかったはず。なんとも不気味な放送事故と言わざるを得ません」

 19年前に“稲垣メンバー”と呼ばれながらも完全復帰を果たした吾郎さん。謎の笑い声は、“伊藤容疑者”へのエールだったと信じたい。

(石川ともこ)

関連記事(外部サイト)