マネジャー“性ハラ解雇”で三村が窮地!?「胸タッチで消えた後輩タレントも」

さまぁ〜ずのチーフマネジャーが論旨解雇報道 三村マサカズの過去の言動にも飛び火

記事まとめ

  • さまぁ〜ずのチーフマネジャーを務めていた男性A氏が諭旨解雇されていたと報じられた
  • A氏は10年以上前から性ハラとパワハラを繰り返し、社員の体を触ることもあったそう
  • 「三村も大概でしょう」などと三村マサカズをはじめとする所属タレントにも飛び火

マネジャー“性ハラ解雇”で三村が窮地!?「胸タッチで消えた後輩タレントも」

三村マサカス?

 十分あの方の言動も要警戒レベル!? ホリプロ所属のお笑いコンビ・さまぁ〜ずのチーフマネジャーを務めていた男性A氏が11月上旬に諭旨解雇されていたことを19日発売の「女性セブン」が報じている。

 記事によれば、A氏は10年以上前から性ハラとパワハラを繰り返していたそうで、女性社員への性的な発言で不快な思いをさせたり、食事の際に隣になった社員の体を触ることもあったとか。

 A氏は同事務所の有名オーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」に携わっていたりと、社内で上の立場であったことから、被害女性もなかなか告発に踏み切れなかったかもしれない。何年もA氏の悪事が明るみになることはなかったようだが、複数の被害女性が立ち上がり、社外の人間にも相談したことをきっかけに会社が処分を下したとのこと。

 前述のオーディションで2009年にグランプリを受賞し、A氏が恩人にあたる小島瑠璃子や、15年以上の付き合いで結婚式にも参加しているさまぁ〜ずの2人はさぞかし複雑な心境なことが窺えるわけだが、この報道に世間からは「いやいや、三村も大概でしょう」「三村なんか普通にガッツリ触ってるだろ」「パワハラなら和田アキ子もだろ」など、さまぁ〜ずの三村マサカズをはじめとした所属タレントに飛び火する事態となっている。

「主に流れ弾をくらっているのはやはりそういった言動がテレビで度々見られてきた三村マサカズです。三村は5年ほど前、バラエティー番組の中で事務所の後輩にあたるタレントのYの胸を唐突に揉んで、共演していた芸人から『頭おかしいんじゃねぇの!誰か怒れよ』と激しいツッコミを受けていました。そのYはこの“バスト揉み騒動”から2年後にホリプロを退社。結婚したこともあって、芸能界から姿を消してしまいました」

 なお、この引退したY以外だけでなく、三村の性ハラ言動は別の後輩タレントにも及んでいたようで…。

「小島瑠璃子にも共演するラジオ番組で『ブラのホック、外されたことある?』と完全にアウトな質問をして困惑させたりとやりたい放題なこともあって、ネット上では以前から性ハラを指摘するコメントが度々見られてきました。後輩の他にはレギュラー番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』(テレビ東京系)で初代アシスタントを約6年務めた同局の大江麻理子アナなどがそのターゲットとなっています。やはりハラスメントの基準は内容よりも受け手が不快に感じるか、そうでないかというところにありますから三村としては親しい間柄の人を選んで、そういった絡みをしていたのかもしれません。抵抗しない女性を標的にしていたという点では問題となったチーフマネジャーと似た者同士と言えるでしょう」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに三村は18年4月にツイッターで《触れられないぐらい過熱しています。女性が嫌な思いをしています。でもパワハラが大部分入っている案件な気がします。全てに笑いが入ってない。そこにも問題点が。。。パワハラは、最悪です。。。パセハラにしますか。そろそろ》と、性的ハラスメントやパワハラの横行に苦言を呈している。

 今回のチーフマネジャーの騒動には無言を貫いているが、「明日は我が身」という可能性を覚悟しておいた方がいいのかも?

(本多ヒロシ)

関連記事(外部サイト)