山里亮太 「ABCお笑いグランプリ」2年連続司会 決勝進出12組は18日生配信で発表

山里亮太 「ABCお笑いグランプリ」2年連続司会 決勝進出12組は18日生配信で発表

「南海キャンディーズ」の山里亮太

 ABCテレビは11日、芸歴10年以内のお笑い芸人を対象とした賞レース「第42回ABCお笑いグランプリ」(7月11日開催)の司会者が「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)に決まったと発表した。昨年に続き2度目。

 

 また本番に先駆け、ファイナリストの発表会をABEMAで生配信することも決定。6月18日午後8時からで、こちらも山里が司会を務めるという。今年は574組がエントリーし、最終予選に進出した「ぼる塾」や「さや香」、マツモトクラブ(45)ら60組から12組の決勝進出者が選ばれる。優勝賞金100万円を掛けた決勝に駒を進めるのは誰か、生配信で緊張感と運命の瞬間を芸人とともに味わえそうだ。

 同グランプリは、1980年に「ABC漫才・落語新人コンクール」として誕生し、1989年からは「ABCお笑い新人グランプリ」に名称を変更。2012年から現在の大会名となった。ダウンタウン、ナインティナイン、中川家、ますだおかだ、フットボールアワー、かまいたち、霜降り明星ら、そうそうたるメンバーが歴代王者に輝き、スターへの登竜門となっている。

関連記事(外部サイト)

×